ゾンバからブランタイアへ!!JICAの隊員さんは料理上手が多い

 

マラウイゾンバで、青年海外協力隊(JICA)の隊員のリナさんにお世話になっています。

 

次に向かうブランタイアのJICA隊員さんのところには、14時以降で約束をしています。
ゾンバからブランタイアまでバスに乗ってしまえば、2時間程なので11時頃までリナさんの家に居させてもらいました。

 

その間もイロイロ楽しくおしゃべりさせてもらいました。
大好きなタンザニアの観光情報も押し売りしといた(笑)。

 

リナさんも、私たちと同じくムーンレインボーを目指してザンビア側のヴィクトリアフォールズに行くとのことで、私達とスケジュールが同じです。

また会えたらいいなー。
会いたい人がいろんなところでできるのって幸せだ。

 

 

マラウイ ゾンバ 景色

リナさん家からバスターミナルに行く道のりは

 

マラウイ ゾンバ 景色

景色がとっても綺麗

 

マラウイ ゾンバ 景色

 

バスの乗り換えもスムーズに行き、待ち合わせのバス停まで迷うことなく行けました。

今回お世話になるヒロアキさんは、地域コミュニティーの活性化のボランティアをしています。

ヒロアキさんの家までは未舗装の道を進みしばらく行ったところにありました。

 

すっごい大きな家。

赴任当初は適切な住居がなく、任務してしばらく家が決まらなかったそうで、なぜかこんな大きな家になったそうです。

同じ敷地内には警備員さんが住んでいます。

こういう形態もはじめて。

 

家の形態も警備員さんとの関係も任務の内容も人それぞれ。

ヒロアキさんは、男性の隊員にしては珍しく自炊をしっかりやる料理好き。
早速、手作りのカボチャケーキとピーナッツクッキーを出してくれました。

マラウイ ブランタイア かぼちゃケーキ ピーナッツクッキー

メッチャおいしかったかぼちゃケーキとピーナッツクッキー

お菓子まで作れるなんて素敵。

ヒロアキさんは大阪で銀行員をやっていたそうです。
元々国際協力に興味があり退職してJICAに募集したそうです。

 

ヒロアキさんの活動内容は地域コミュニティの活性化です。

学校の授業するのと違って活動内容は決まっておらず、その地域に必要だと思うことは基本は何をしてもいいそうです。
なのでそれが故の苦労もありそうです。
ヒロアキさんの活動内容は、明日のtaxiの日記で。

 

 

夜ご飯はヒロアキさん特性のスパゲティとミネストローネ。

マラウイ ブランタイア スパゲティー ミネストローネ

イタリアンな晩御飯

スパゲティーはドイツ留学中に知り合ったイタリア人直伝のレシピだそうです。
どっちもすごくおいしかったです。

15時頃から夜寝るまでずっと話し続け就寝しました。楽しかったー。

 

明日はヒロアキさんの活動内容であるカマド作りを見学させてもらいます。

 

 

スポンサーリンク

Posted by shuku