ジンバブエの首都ハラレ到着!!ジンバブエは深刻なドル不足!?[宿情報有]

 

ジンバブエブラワヨから首都ハラレへの夜行列車で移動中。

 

夜行列車はなんと到着予定時間よりも早くハラレに到着しました。

ジンバブエ ハラレ 鉄道駅

ハラレの鉄道駅

 

ジンバブエ ハラレ 鉄道駅

ハラレの鉄道駅のホーム

 

ジンバブエ ハラレ あかんとこ

ハラレの駅に着く前に見た、たぶん入ったらあかんエリア

遅れることが多い電車が調度に着くだけでもすごいのに、予定より早く着くって何が起きたんだー。

まぁそれはそれで途中で乗る人は困ると思うんやけど。

オンタイムで運行してる日本の鉄道は本当にすごいんだなぁと、ひしひしと感じました。

 

 

いつもは宿まで歩く私達ですが、今回の宿は鉄道駅から6キロ以上あり、荷物を持って歩くの無理そうだったのでバスで行く方法を地元の人に聞きます。

 

鉄道のおじさんに聞いた方向に歩いて、そこでまた他の人に聞くとシェアタクシーを停めてくれた。
そこで自分達が行きたい目的地と金額を確認して乗り込む。

 

運転手、最初は私達を宿の近くで降ろすよって言ってたのに、そこからほんの少し走った所で車を乗り換えなって降ろされた。

えっ?ここで乗り換え?こんなん距離歩けるやん?で、新しいシェアタクシーにはまた追加で料金を払わないといけない様子。

なんでやねん。ついさっきまで、俺が運んでやるぜ。任せとけって言ってたのに。

 

どうやら他に乗り込んできたお客さんとの兼ね合いでいきなり目的地が変わったらしい。
シェアタクシーあるある。

 

それならそーと、バスターミナルで降ろしてよ。

料金回収して中途半端に運んで乗り換えてはないわ。

と、訴え続け1人分の料金だけ返してもらいました。

 

そこから、別のシェアタクシーで宿の1番近くのショッピングモールの前で降ろしてもらって、歩くこと15分。
今日の宿『It is a small world』に到着。

 

ジンバブエ ハラレ ホステル it is a small world

『It is a small world』入り口

 

ジンバブエ ハラレ ホステル it is a small world

ライオンの反対側にあるオブジェ

ドミ、個室といろんなタイプの部屋がありますが、私達はもちろん節約の為にテント泊です。
テント泊は1人9$
ホットシャワー、wifiあり(無料でストレスなく使える速度)、綺麗で充実したキッチンあり。

 

宿のお金払う時にカードだと手数料が1ドル掛かるって言われたから、じゃあ現金で払うって言ったら、大丈夫?現金持ってる?ジンバブエはどれくらい滞在する?ATM行ってもお金出ないよって散々言われました。

ザンビアでドル作っててよかったー。

今がイースターの4連休中ってのもあるけど、2017年4月現在ジンバブエでは本当にお金足りないみたい。
少額の1ドルコインとセント、2ドル札、5ドル札は自分の国で作り始めたみたいだけど、全然足りてない。

連休明けにみんなATMにすごい並んでたもん。

 

 

今日はジンバブエのお札のモデルにもなったバランシングロックを見に行こうかなと思ってたけど、テント立てて、久しぶりのシャワーを浴びて、wifiして色んな連絡してたら14時。

今から行っても遅いので、今日は行くのやめ。

この辺りをブラブラすることにしました。

 

って言っても行ったのは、宿の近くのショッピングモールのみ。
宿の周りは高級住宅街?で市場やローカル食堂などもありませんでした。

まずは腹ごしらえ。

ケニアにもあったアイス屋さんの前でホットドッグとハンバーガーが1$だったので、ホットドッグ購入。

 

ジンバブエ ハラレ ホットドッグ
ソフトクリームも0.5$でした。

ジンバブエ ハラレ ソフトクリーム

味はまぁまぁ。

単位が$になると全体的に物価が上がるような気がする。
50セント以下のものがあまりない。
ジンバブエに来て物価の上昇をとても感じています。

というか、みんなの生活から見てスーパーで販売されている物の値段が異常に高いと感じます。

 

そらジンバブエでランナーっていう商売が成り立つわな。
ランナーとは、南アフリカに注文したものを買い付けに行ってくれる人のこと。
注文した商品は南アフリカで買った商品の30%増しで請求されるけど、それでもジンバブエのスーパーで買うより安いんだって。

 

スーパー高い。

買えるものが少ないからつまんないです。

現地の人でもスーパーでいっぱい買い物してる人もいるし、スーパーの前で物乞いしてる子供もいるし貧富の差はありそう。
でもだからって危なそうな雰囲気もない。

 

 

宿に帰ると、最初ウガンダの首都カンパラで会って、次はザンビアの首都ルサカで会った自転車でアフリカ縦断しているナカノさんに再会。

これは運命だとフェイスブックを交換した。

今まではナカノさんが宿に到着した日が私達の出発日やったからあまり話せなかったけど、今日はお互いここで宿泊するので色々話せて楽しかった。

今度はどこで会えるかな。

 

ジンバブエの伝統的な楽器、指ピアノを日本から2ヶ月間学びにきている男性もいました。
彼は大阪出身でした。

ここ何週間で出会った人ほぼ大阪人。5人大阪、1人奈良。関西人多すぎ。

 

指ピアノって初めて聞いた。
優しい音の楽器。
アフリカのイメージにはない楽器。

と色々話しているうちにあっという間に1日終了。

 

 

おまけ 今日スーパーで買ったもの。

ジンバブエ ハラレ

冷蔵のパイ。 

中身は安いソーセージのようなもの。

味はまぁまぁおいしくもまずくもない。

 

ジンバブエ ハラレ 夜ご飯

今日の夜は、キャンプのために買ったけど使わなかったカレーの缶詰に野菜を増してカレーライス。

 

 

明日はジンバブエのお札のモデルになったバランシングロックに向かいます。

 

 

スポンサーリンク

Posted by shuku