ブニョニ湖への手段はオンボロカヌー!?そしてカバレの屠殺場を見学 

ウガンダ ゴリラの栓抜き

ゴリラの栓抜き

 

どうも旦那です。

 

ウガンダの首都カンパラから夜行バスに乗って、南部の町カバレにやってきた僕たち。
今日はカバレには滞在せずに、このまま近郊のブニョニ湖の離島にあるホテルに宿泊します。

 

ウガンダ カバレ

バスが到着したのがAM5時頃だったので、とりあえず夜明けを待ちます。
めちゃくちゃ寒かったので、1月にカバレに行く方は朝晩の防寒必須です。

 

ウガンダ カバレ

夜は明けましたが、島にあまり早く行っても仕方がないので、荷物担いで街ブラ。

 

ウガンダ カバレ
ちょうど、裏手に市場があったので行ってみます。

 

ウガンダ カバレ 屠殺場

まだ多くの店舗は閉まっていましたが、何やら賑わっている場所があったので行ってみると、次々と台車を持った男が出てきています。
そして、牛やヤギがヒモに繋がれて中に入って行きます。

 

ウガンダ カバレ 屠殺場
台車の中を覗いてみると、、、

あぁ、お肉です^^;

 

 

※ここからの画像は、遠目ではありますが個人によっては残虐に感じる画像が2枚続きます。避けたい方は、一気にスクロールしてください^^;

 

 

 

ウガンダ カバレ 屠殺場

どうやらここは屠殺場の様です。
日本だと絶対に中には入れてくれないし、写真なんかもっての他なんでしょうけど、ここはアフリカ。
むしろ、ウェルカムで屠殺の様子を見せてくれて写真もオッケー、なんなら肉買って行く??と言われました、笑。

 

ウガンダ カバレ 屠殺場

さすがプロ達、牛やヤギが苦しまない様に一瞬で首を裂き、血を抜いて、内臓を取り、皮を剥いで肉を捌く。
その手際はお見事としか言いようがありません。
残酷ではありますが、しかし僕たちが肉を食べるという行為に対して、一度は見て置いた方が良いなと思いました。
もちろん、その後に肉を食べる食べないの選択をするのは自由です。

 

屠殺場の出口に、ウガンダのソウルフードであるロレックスをあったので食べながら、この国では日常である風景を眺めていました。
ちなみにここカバレのロレックスは、どの屋台もキャベツもトマトもたっぷりで美味しいです。

 

 

そろそろ良い時間になったので、ブニョニ湖に向かいます。
まずは、カバレの町から湖畔の船着き場に行く必要があります。
交通手段を調べていると、バイクタクシーが8000シリングミニバスが4000シリング

 

もちろんミニバスを使いたいのですが、バスはいつ来るか分からないとのこと^^;
長期戦を覚悟しましたが、たまたまブニョニから来たバイタクが5000シリングで行ってくれると言うことで、バイタクで行くことにしました。
カバレからブニョニまでは、かなりのアップダウンが続きますが湖が見える山の上の景色はなかなかのもの。

 

ウガンダ ブニョニ湖 byoona amagara

 

そして、湖畔の船着き場に到着。
今回泊まる予定の宿は、「Byoona Amagara」という宿。
湖畔にオフィスを構えていて、行きの船代は宿が負担してくれますので、バイタクの運転手に向かう様にお願いしておきました。

 

ウガンダ ブニョニ湖 カヌー

ここから宿へ向かうカヌーがこちら。

…大丈夫かな^^;

しかも、オールを渡されます。

漕ってことかな^^;

 

ウガンダ ブニョニ湖 カヌー

後ろにはプロの船頭がいるので、適当に漕いだり休んだりしていても宿にはきちんと到着します。
これも一つのアクティビティだと思えば楽しかったですね。
1時間近く掛かったので、最後の方は嫌々漕いでましたが。。。

 

 

ウガンダ ブニョニ湖 Byoona Amagara
宿に到着してチェックイン。
ここはキャンプをすることもできるので、僕たちはテント泊。
料金は、キャンプ一人12000シリング。ドミトリー一人24000シリング。

 

ウガンダ ブニョニ湖 Byoona Amagara

青空シャワーはおしゃれな作り

 

wifiは現在なし(2017年1月)。ホットシャワーやキッチンの使用は別料金。
トイレやシャワーは清潔ですが、夜は虫が集まるのがツラい。
レストランが併設されていて、料金もそこまで高くないので、食事の心配はなかったです。

 

ウガンダ ブニョニ湖

また、PM5時まではレストランで無料のチャイがあるので、美しいブニョニ湖の景色を見ながらのんびりすることができます。

 

 

午後に先にカバレに着いていたシンヤさんと合流して、今日はこの島をのんびり探検。
と、言っても小さな島なのですぐに終わるのですが。

 

ウガンダ ブニョニ湖

勝手にガイドをし始めるおっさん

 

一年くらい前に、隣に新しいホテルができた様で、その敷地内に入るとホテルのスタッフがそこから先の道中を勝手に案内してくれました。

いやいや、のんびり写真撮ったり歩いたりしたいのになぁ。。。

と思いながら、島を散策。

 

ウガンダ ブニョニ湖

 

ウガンダ ブニョニ湖

 

 

ウガンダ ナッツ スープ ウガリ

ナッツのスープとウガリ

まぁ、せっかく案内してもらったし、ここのホテルの併設のレストランで食事をすることに。
食事を待っていると、さっきのスタッフがやって来て、この島の住民の支援をしてほしいと寄付を要求。

いやいや、勝手に案内されたし、住民なんか見ていないし。。。なので丁重にお断り。

このスタッフには、他にも翌日のツアーをいくつか提案されましたが、料金を聞いても絶対言わないんですよね。
なので、信用できません。

ピグミー族や、鉱石加工の現場を見るツアーができるようなので、僕たちが泊まった宿amagaraで聞いて見ると良いかもしれません。
amagaraでは、ゴリラツアーも斡旋しているようなので。

 

 

IMGP1296

IMGP1297

IMGP1299

ウガンダ 国鳥 ホオジロカンムリヅル

ブニョニ湖は、鳥の楽園。

色々なカラフルな鳥がたくさんいます。

一番下は、ウガンダの国鳥ホオジロカンムリヅル。散歩していたら突然現れたのでびっくりしました^^;

 

 

そんな感じで、今日は終了。
明日は、カヌーをレンタルして冒険してみようと思います。

 

 

スポンサーリンク

Posted by taxi