トルコのイズミル観光!!庶民価格の買い物と食事が嬉しい街

海沿いの町、イズミルについたのは朝9時頃。
 
イズミルのバスターミナルでパムッカレ行きのバスを聞くと、隣のデニズリに行ってからミニバスでパムッカレまで行く便の方がいっぱいあった。
直接行く会社もあって10時発やから、イズミル観光しない人はそこがいいかも。
 
METRO社のデニズリ行きが1時間に一本ぐらい出てたので、14時のバスを予約。
バスターミナルで荷物を預けて、各バス会社が出しているセルビスという無料のシャトルバスで町の中心地まで。
 
トルコ イズミル 観光
 
セルビスのバス乗り場は、その辺のおっちゃんに聞けば教えてくれます。
METRO社のセルビスは、ドクズ・エイドクズ・エイリュル広場に到着。バスターミナル行きのセルビスもそこから乗ることができます(要チケット購入)。
ここイズミルでの裏技、バスターミナルの荷物預けは有料ですが、街中のバス会社オフィスでは荷物を無料で置かせてもらえます。
 
ということで、イズミル観光。
特にこれといった観光スポットはないので、適当に町をブラブラ。
イズミルはトルコ第三の都市ということもあって、町は活気があってとにかく人が多い。
 
街は綺麗に整備されていて、治安も良さそうです。
 
トルコ イズミル 町ブラ
 
商店も多くて、気軽に食べれそうな公衆食堂みたいなところもたくさん。
 
トルコ イズミル 町ブラ
 
観光の町ではなく市民の町。こーいう場所好きです。
商店が並んでいるところをブラブラしてると、おじさんが、ヨーグルトくれた。
その10メートル先ではケーキくれた。
トルコ イズミル 町ブラ
 
トルコの人はおもてなし精神が旺盛で、観光の町ではないところを歩いていると誰かが何かしらくれるんです。
歓迎してくれるのがわかってとっても嬉しいし、陽気で、明るく話しかけてくれる地元人との触れ合いも楽しいです。
何言ってるのか、お互い分からないんやけどね(笑)
 
商店街の通りの裏道で、激安食堂見つけてランチタイム。
 
トルコ イズミル 町ブラ
 
ここが当たりでメッチャおいしくてボリューム満点しかも激安。
メイン、サイド、デザートかサラダが選べてパンが食べ放題。
 
トルコ イズミル 町ブラ
 
料理は指差しで頼むとなんとかなります。
お母さん、料理うますぎ!!!これでなんと14リラ!!(550円)
 
生絞りジュースもありました。
 
トルコ イズミル 町ブラ
 
もう少し季節が早ければザクロの生絞りもあったみたい。残念。。
やけど、スイカの生絞りジュースおいしかったです。
海外ではスイカは種ごと絞るのが一般的。
種に栄養がたくさんあるのだそう。なのでスイカもだいたい種食べてました。
 
 
トルコ イズミル 町ブラ
 
コナック広場時計塔
 
トルコ イズミル 町ブラ
 
パザールのそばにあるモスク
 
 
古代アゴラという、大きな遺跡もありましたが入り口が遠いのと暑いのと、バスまでの時間がないので今回はパス(言い訳多い)。
イズミル観光終了。
イズミルは、わざわざ観光に行くこともないかという感想ですが、もし途中で寄るならおすすめできる街です。
 
セルビスでバスターミナル行って、バスに乗ります。
イズミルからデニズリまでのバスは、14時発18時着の所要時間約4時間料金は30リラ。
 
デニズリで少し買い物。
パムッカレは観光地で物価が高そうなので、ここで食料を少し蓄えます。
全ての荷物を背負って歩くのは大変だった。けど市場行ってよかった。
 
観光客がほぼこないデニズリ駅の裏の地元の市場。
日本人は珍しがられ、みんな好意的。
おいしそうなトマト買って、ぶどうのおいしそうな店探してたら何故か立派なぶどうを手渡され、いくら?って聞いたらいらないよ。あげるよって。
でも、ぶどう立派やし払うよって言っても受け取ってくれず、ありがたくもらいました。
 
デニズリのバスターミナルの地下一階から、パムッカレ行きのミニバスが出ています。
それに乗り込み20分料金は3.5リラ。
 
パムッカレに到着した目の前に旅行代理店のオフィスがあり、そこで働いている日本人の女の人に出会う。
まさか、こんなところに日本人。名前はえいこさん。
久しぶりに日本人に会いました。
 
普段この時期はもっと観光客が多く、毎日のように日本人に会うのに、今年はテロの影響で観光客が激減。
日本人にも久しぶりに会ったんだとか。
私達もトルコでは、ここまでほぼ日本人に会わず。。
久しぶりに日本人との会話は楽しかったです。
 
そして夕焼けを少し見に行って今日の観光終了。
 
トルコ パムッカレ 夕日
 
明日はいよいよパムッカレの全貌を見ます。
 
そしてこの日の夜中、1時頃?コーランのような異様な放送が流れて目覚め、この放送の意味は明日の朝、知ることになります。
 

スポンサーリンク

Posted by shuku