ザンジバルでスパイスツアーに参加!!見て・嗅いで・食べて、楽しく勉強

 

タンザニアザンジバル島ストーンタウンに滞在中。

 

ザンジバル島は、リゾートだけでなくスパイスの栽培地としても有名です。

スパイス好きの私たちは、スパイス農園をガイドと周るスパイスツアーに参加することにしました。
このツアーの定価は15ドルですが、今泊まっている宿『Pearl Guest House』が紹介してくれたツアー会社に頼むと1人12ドルで行くことができました。

 

 

お迎えは朝の9時。
だけど、その前に朝ごはんを食べに行きます。
狙うは、昨日屋台で見掛たけど、満腹で食べ損ねたタコのスープ。
昨日スープ屋さんがあったところに行きましたが、まだやっていませんでした。

 

はぁ、、、昨日お腹一杯でも無理にでも食べておけば良かったなって後悔しながら、適当なお店に入ります。

 

すると、奇跡!!!
そこにもタコのスープありました。

タンザニア ザンジバル島 ストーンタウン 朝ご飯

 

気になる味は???

うーん、普通でした。

昨日の夜に食べた牛スープの味と同じスパイス使ってる??
タコの味を活かし切れてない感じでしたが、タコはとっても軟らかくておいしい。
どうしたらタコをこんなに軟らかく煮れるのか教えて欲しいぐらい。
タコを食べたらちゃんとタコの味がしました。

 

あとは、コロッケと、サモサと、ホットケーキ。

タンザニア ザンジバル島 ストーンタウン 朝ごはん
タコスープもあわせてこれ、全部で3300シリング(165円)
地元の食堂で食べた時のタンザニアのご飯代が安すぎてビックリします。

 

 

時間になったので、宿に戻ってお迎えを待ちます。
9時集合って言っても、どうせその時間にはこないだろうなって思っていたら、意外と9時少し過ぎたぐらいにガイドが迎えに来ました。
おぉ、すごい。
タンザニア、結構時間に正確です。

 

 

タンザニア ザンジバル島 ストーンタウン スパイスツアー

 

スパイスツアーは私達を合わせて全部で8人。
全員2人1組だったので、我関せずそれぞれのペアとしかコミュニケーションを取らない感じでした。

スパイスツアーですが、最初に訪れたのはスパイス農園と言うかスパイスの森。

タンザニア ザンジバル島 ストーンタウン スパイスツアー

スパイスの森の入口には職人さんがいました。

 

職人というより、ザンジバル島自体、いろんなものを入れるのにバナナの葉っぱで作った入れ物を活用しています。

バナナの皮じゃないところも、紙袋だったりビニール袋をあまり使っていないので、自然に帰りにくいビニールのゴミがほとんどでなくて、いい仕組みだなって思いました。

それにしても、バナナって万能。アフリカの人の生活にバナナは欠かせないんだと思う。

 

スパイスツアーは、いろんなスパイスが生えている森を歩きながら、ガイドがスパイスについて説明してくれます。

 

タンザニア ザンジバル島 スパイスツアー 

 

まず見つけたのは、

タンザニア ザンジバル島 ストーンタウン スパイスツアー ライム

ライム

 

 

そして、この木はみんなも知っているスパイスの木。

タンザニア ザンジバル島 ストーンタウン スパイスツアー シナモン

この木の皮がスパイスです。

 

タンザニア ザンジバル島 ストーンタウン スパイスツアー シナモン

正解は、シナモンでした。

 

 

次はこの草、

タンザニア ザンジバル島 ストーンタウン スパイスツアー

 

虫よけにもなる、レモンのような匂いのするこの草は

 

タンザニア ザンジバル島 ストーンタウン スパイスツアー レモングラス

名前そのまま、レモングラス

 

 

そして、この人参のような生姜のようなスパイスは、はじめて聞きました。
タンザニア ザンジバル島 ストーンタウン スパイスツアー クックマー

クックマー

 

 

これは赤い色がでるので、食品の色付けに使う様です。

この葉っぱは、匂いをかがせてもらうと、何かかいだことのある匂い。タンザニア ザンジバル島 ストーンタウン スパイスツアー

名前忘れてしまったスパイス

 

これは、誰でも知っているチョコレートの原料にもなる、

タンザニア ザンジバル島 スパイスツアー カカオ

カカオの実

 

 

これは、お菓子作りにかかせないもの。

このサヤエンドウみたいなのを乾燥させるといい匂いになります。

他のスパイスに比べて手間がかかるので単価は高いそうです。

タンザニア ザンジバル島 スパイスツアー 

バニラビーンズ

 

 

これはとっても高いスパイス。

まさか、こんな生え方してるなんて知らなかった。

タンザニア ザンジバル島 スパイスツアー 

この実についている赤いのが有名なスパイス。

 

タンザニア ザンジバル島 スパイスツアー サフラン

周りについたのをとるとこんな感じ。

 

これは、すっごく高級なスパイスで、ご飯と一緒に炊くとご飯が黄色になります。

高級料理店行ったらこれ使ってるけど、普通はターメリックで代用するこれは、サフラン

 

 

次は、地面すれすれになってたこの実。

タンザニア ザンジバル島 スパイスツアー 

実を開くとこんな感じ。

スパゲティー作る時とか、トマトソース系の料理にバジルと一緒にいれると、イタリアっぽい味になります。

 

タンザニア ザンジバル島 スパイスツアー オレガノ

正解は、オレガノ。

 

 

今度はこれ。外側は、トゲトゲでこんな感じ。

タンザニア ザンジバル島 スパイスツアー 

中身は、こんな感じで赤い実がたくさん入っています。

 

タンザニア ザンジバル島 スパイスツアー 

これは、食べたりできないんだけど、昔は口紅の代わりに塗ってたんだって。

今は?って聞いたら、今は市販の化粧品使ってるって言ってた。

その方が簡単だからって。

 

 

そして、これ。

食べて苦いってなったの。これは万能スパイス。

日本でその名をきいた時は、いっぱいいろんな種類のスパイスを混ぜて作ったのかなって思ってたけど、一種類この実の中の種を乾燥させて作ったものでした。

タンザニア ザンジバル島 スパイスツアー 

オールスパイス

 

 

スパイスツアーはスパイスだけじゃなくて、そこに生えている果物もその場でとって食べさせてくれます。

タンザニア ザンジバル島 ストーンタウン スパイスツアー ジャックフルーツ

タンザニア ザンジバル島 ストーンタウン スパイスツアー ジャックフルーツ

ジャックフルーツ

 

 

タンザニア ザンジバル島 ストーンタウン スパイスツアー ランブータン

ランブータン

 

 

タンザニア ザンジバル島 ストーンタウン スパイスツアー スターフルーツ

スターフルーツ

 

 

タンザニア ザンジバル島 ストーンタウン スパイスツアー

名前忘れたけど、スターフルーツに似た味のシャリシャリした果物 

 

タンザニア ザンジバル島 スパイスツアー

ドリアン

 

結構冷静で、淡々と説明していたガイドがこれを見つけて興奮していました。

俺は、ドリアンが一番好きなんだって。毎日食べたいけど、高いからお金がある時に買うんだって。ドリアン、タイで一度食べたことがあるけど、ジャックフルーツの匂いをもっと強くした感じで、そこまでおいしいとは感じなかったような。

たぶん完熟の一番良い状態のは食べてないってことやね。

いつか完熟をチャレンジしよう。

 

 

そして、Taxiがこのツアー、これが見れただけでも来てよかったと発言したの。 

タンザニア ザンジバル島 蟻の集団

 

この道を横切っている黒い何か。何かと思ったら。。。

タンザニア ザンジバル島 スパイスツアー ありの集団

軍隊アリの集団でした。

 

アリ自身がトンネルの様なものを作って、その道を他のアリが通っているみたいです。

気持ち悪い。。。なんで同じものがいっぱいいると気持ち悪いんやろか。。

シマウマの子供がいっぱいいたら天国やけどね。昆虫はあかん。

 

スパイスの森を後にして、次に向かったのはランチかと思いきや民家。

タンザニア ザンジバル島 スパイスツアー
そこで何が始まるのかと思いきや、スパイスで作った香水やオイルのお土産の説明でした。
ここで参加者全員が買う気まったくなく、気まずい雰囲気に。
とっさに、その家の庭に生えていたコショウの木でごまかすガイド。
ガイドの気苦労も大変です。

 

 

次に向かったのは、またお土産物屋さんと思いきや、お昼ご飯を食べる場所でした。
ここには、スパイスも売っていました。

お昼ご飯は、スパイスをふんだんに使ったビリヤニ(ピラフ)が洗面器でドーンと出てきました。

 

タンザニア ザンジバル島 スパイスツアー 昼ごはん

凄い量。

 

これだけかなと思いきや、おかずとソース、チャパティーも出てきて豪華なお昼ご飯になりました。

タンザニア ザンジバル島 スパイスツアー 昼ごはん

 

 

その後、向かうのがビーチなのですが、そこまで行くまでに『スレイブケーブ』という奴隷貿易に使われていた洞窟に行くこともできました。
ガイドの人が、

「オプションだけど、行くこともできるよ。入場料は1ドル。どうする??」

と聞いてきました。

私は実は行きたかったのですが、他のみんなは早くビーチに行きたいようだったので言い出せませんでした。
The 日本人です。

 

スレイブケーブは奴隷貿易が廃止される法律ができた後、コソコソと続ける為に隠れた場所に作られた奴隷をストックしておく場所だったのだそうです。

そこから見る景色は綺麗だって聞いていたので、できたら見たかったのですが、まぁどうしても絶対って訳ではなかったのでいいかな。

 

奴隷貿易についてもその当時の様子を知れば知るほど、ひどいなって思います。

突然誘拐されて、船が出航するまでの間も船が出航しても、身動きもほとんど取れないような狭い場所に入れられ、現地に着いたら死ぬまで過酷な労働が待っています。

 

 

車はすぐにビーチに到着。

ここで、ザンジバル島で初めての犬を発見。

タンザニア ザンジバル島 スパイスツアー ビーチ

 

そして青い海、白い砂浜の綺麗なビーチ。

タンザニア ザンジバル島 スパイスツアー ビーチ
最近、季節なのかな?いろんなところで見かける、赤い花をつけたこの木がメッチャ綺麗で好きです。

タンザニア ザンジバル島 スパイスツアー ビーチ

 

折角なので、泳ぐことにしました。
近付いた海は、メッチャ波高ーい。そしてメッチャ荒れてるー!!
荒れてたので、透明度はイマイチでしたが、バスクリーンのような色の海水でした。

 

私たちは、ラッシュガードを着て、着替えも日陰で行い、絶対焼けたくないモード。
なのに、他の参加者は、日向に陣取り最小限の水着で海水浴。
白人さんって本当に日光浴が大好きだなぁって思いました。
ザンジバル島の日光強いからヤバイよ。後から焼けてエラい目に遭いそうです。

 

14時頃に宿の近くまで送ってもらってツアー終了。

 

 

車を降りた所は、ちょうどサトウキビジュース屋さんの前。

このジュースにハマっている私たちは迷いなく購入。
泳いだ後のサトウキビジュースは最高でした。

 

このスパイスツアー、大満足のツアーでした。
ハイキングしながらスパイスのこと見て触れて食べて説明聞けて、その場でスパイスも買えるし、海水浴にお昼ご飯つき。
コスパめっちゃいい気がする。

何より、スパイスのことが知れて楽しかった。
日本帰ったら、スパイスの山を作りたい。

 

だれか、山くれへんかな(笑)。
有効活用しまっせ(笑)。

 

 

ちなみに、スパイスの説明を聞いている間、ガイドじゃない兄ちゃんが歩きながらバナナの葉っぱで、いろんなものを作ってくれて、

タンザニア ザンジバル島 スパイスツアー 

例えばブレスレット。

子供じゃないからなー。

 

でも、ドンドン作って付けてくれるので断れず、ツアー終わったら、

タンザニア ザンジバル島 スパイスツアー

こんなんなってました(笑)

 

 

タンザニア ザンジバル ストーンタウン スパイス 市場

この後、洗濯とか色々終えた後、昼寝したいっていうTaxiを引きずり市場へスパイスを買いに行きました。

 

買ったのは、スパイスセット。

タンザニア ザンジバル島 スパイス
これは、マラウイでJICAの人に会う予定なので、お土産に。
ザンジバルで取れるスパイスがセットになっています。

 

あとは自分達ように、黒コショウ1000シリング(50円)。
ミルもないのにどうやって使うん??とTaxiに突っ込まれましたが、まぁなんとかなるでしょう。

 

バニラパウダー5000シリング(250円)。
バニラをパウダーにしたもの。珍しくてつい購入。
紅茶や、コーヒーに入れてもいいし、ホットケーキとか作るの使うといい匂いしそう。

 

ニンニクパウダー1000シリング(50円)。
自炊する時にニンニク欲しいって場面あるけど、ニンニクはだいたいたくさんで売っていることが多かったので持ち運びのことも考え、今まで諦めていました。
でも、パウダーなら簡単に持ち運べるので、自炊が楽しみです。

 

この他にもたくさんのスパイスが置いてあって、日本に帰るなら持って帰りたかったのがたくさん。
日本に送るって手もありましたが、帰るのは1年後。賞味期限があるので諦めました。

 

 

宿に戻ってシンヤさんと一緒に夜ご飯。
昨日のローカル屋台街へ。

 

まずは、魚の唐揚げ500シリング(25円)。

タンザニア ザンジバル島 屋台 夜ご飯

 

 

その裏では地元のおばちゃんが、プレート料理を販売しています。
地元の人で大人気。待っている人もたくさんのおばちゃんのお店を発見。

タンザニア ザンジバル島 屋台ご飯

見た目のおいしそうだったので、そこで食べることにしました。

タンザニア ザンジバル島 夜 屋台

これが、おいしかったー。
ご飯は豆と一緒に炊かれていて、赤飯みたいでした。
おかずの味も抜群。
さすが、おばちゃん。人気の理由が分かるよ。

このプレートなんと1500シリング(75円)でした。ちなみに小は1000シリング(50円)。
1人なら小でもお腹一杯になる量で、地元の人もだいたい小を注文していました。

 

シンヤさんは、ザンジバルピザを注文。2500シリング(125円)。
このピザは、観光屋台にあったザンジバルピザと同じ味でした。
なので、私達はやっぱりモシで食べた方がおいしかったかな。
最初に食べた感動補正は入ってると思います。

 

 

明日はイルカと一緒に泳ぎに行ってきます。
泳げたらいいなぁ。

 

 

スポンサーリンク

Posted by shuku