パミール高原の絶景道!!ホーログからムルガブへ そしてキルギスのオシュへ移動

タジキスタン ホーログ バスターミナル

ホーログのバスターミナル

 

どうも旦那です。

 

今日は、ホーログからパミールハイウェイと呼ばれる道を通ってムルガブという街に移動します。
このパミールハイウェイ、先日通ったワハーン回廊と双肩するタジキスタンの絶景ロードとして知られています。

 

しかし、朝の天気は曇り空。
風景というものは天気と気分に大きく左右されるもので、出発を明日にしようかと悩みます。
でも、絶景も結構お腹いっぱいなので、今日出発することで二人の意見は一致しました。

 

ホーログのバスターミナルに行くと、ムルガブ行きの車が2台。
どちらも中途半端な人数を確保して、待ちぼうけしています^^;
満車でないと発車しないシェアタクシーシステム、協会を作ってシステム化するか、お互い譲り合って一台でも早く出せばいいのにといつも思います。

 

料金150ソモニのランドクルーザー120ソモニのパジェロ
もちろんランドクルザーの方が快適なのですが140ソモニしか下がらず、しかもパジェロが早く出発しそうだったのでパジェロを選択。
朝9時にバスターミナルに来て、午前11時頃に車はムルガブに向けて発車しました。

 

ラッキーなことに乗客全員が、明日そのままキルギスに向かうとのこと。
これで懸念だった、ムルガブからキルギスのオシュへの車の心配もなさそうです。

 

タジキスタン パミール

天候も途中から回復し、美しい絶景ロードを楽しむことができました。

 

タジキスタン料理

途中のレストランには中国語のメニュー。ビジネス客が多いらしい。

豆スープと焼き鳥の玉ねぎパクチー掛け。

何回も言いますが、タジキスタンは決して料理の種類が少ない国では無いと思います。

 

 

タジキスタン パミール
途中できれいな湖があったので写真停車。

 

img_20161019_154333

ホーログームルガブ間は道路が良いので快適でした。

 

タジキスタン パミール

夕焼けもまたよろしい。

 

パミールハイウェイとワハーン回廊、どっちがオススメかと言われれば僕はワハーン回廊。
絶景はもちろん、各地にある温泉、そして対岸に望むアフガニスタンが旅情をくすぐります。

ちなみにShukuは、このどちらでもなくこのあと訪れるキルギスのオシュービシュケク間が一番きれいだということです、苦労して旅した意味が…^^;

 

例によって、乗客やら運転手の都合での待ち時間がたくさんありましたて、夜6時頃にムルガブに到着。
同乗していたロシア人女性がオススメしてくれたゲストハウスにそのままチェックインしました。

 

ムルガブの安宿情報

タジキスタン ムルガブ 安宿 Mansur

Mansur Guest House

ドミトリーで一人30ソモニ。wifiなし、ホットシャワーあり。トイレが洋式で清潔。

プラス15ソモニで部屋のストーブが焚かれます。

英語の話せるおじいちゃんが親切。電気は夜9時頃には切れます。

 

M41線の通りにあります。

ドライバーに伝えれば連れて行ってもらえるはずです。

 

 

img_20161020_073936

翌朝。

 

朝6時に車が迎えに。
眠たい目をこすりながら、荷物を積んで移動。
他にも乗客がいたみたいで、2台に分乗して乗車。

 

いつもの7人乗りの車なのですが、それぞれ4人だけ乗っての移動で快適。
荷物は上ではなく車の中です。
これが、国境を越えるからが理由なのか、道が悪路だからなのかは分からず仕舞い^^;

 

同乗していたロシア人女性の希望で、途中のカラクル湖で1時間のステイ予定。
本来はツーリストだけでシェアした場合にしか滞在は難しいので、これはラッキー。

 

タジキスタン カラクル湖

・・・のはずでしたが、極寒に加えて強風が吹き荒れる。。。
僕たちは10分も経たずに車に避難。
寒さに強いはずのロシア人女性も、20分もすると戻ってきました。

 

タジキスタン カラクル湖

 

寒さの証拠写真。
これ、泡では氷なのですよ^^;

 

 

 

 

そこからも車は順調に進みます。
途中で道路右側にずーっと柵があって、そこが中国との国境だそうで。
でも、マップアプリで見ると国境は20km位向こうなんですけど、、、謎です^^;

 

 

タジキスタン キルギス 国境

キルギスとの国境に近づくと、そこはすっかり雪景色。
運転も慎重に、でもしっかりとした足取りで山道を登ります。

 

今回の車はパジェロ。
タジキスタンでは、結局オススメされていたトヨタのランドクルーザーには乗れなかったな。
ほとんどパジェロ。
でも、パジェロでも室内は十分広くて揺れも少なく快適でした。

 

辛かったのは、ヤムチュンホーログ間で乗った韓国製の車。
3列目が狭すぎて、ずっと足が痛くて地獄でした。
なので、タジキスタンではランドクルーザーか少なくともパジェロに乗ることをおススメします。

 

 

そういえば、タジキスタンの悪路では故障が当たり前と言われていたけど、一回も当たらなかったな。
ご飯も種類が少なくてしんどいと聞いていたけれど、けっこう色々な種類の食べ物食べれたな。
タクシーの料金トラブルもなかったし、商店や食堂でぼられることもなかった。

 

自分たちがツイていたのか他の人がツイていないのか分からないけど、僕たちの中ではタジキスタンの旅は、総じて快適だったという結論です。

 

 

そんなことを考えているうちに、国境に到着。
出国手続きは、ドライバーがパスポートを集めて行ってくれました。
タジキスタンの出国で、税関の紙を持っているかと聞かれたけど、入国した国境と紙はもらってない旨をロシア人女性の通訳してもらったら問題なく通過できました。

 

キルギスタンの入国は、一人ずつ。
特に質問もなく、スタンプを押すだけ。
荷物検査もありませんでした。

 

でも、違う車に乗っていた昨日のおばちゃんが、同乗者に見られないようにこっそり税関職員にお金を渡していたな(こっちからは丸見えだったけど)。

 

img_20161020_073936
あのおばちゃん、わざわざアフガニスタンの国境近くの町から、ぼろぼろの発泡スチロールをいっぱい運んでいたんです。
やっぱり何か、やばいもんでも運んでいるのかな??と妄想^^;

 

 

無事、キルギス入国した車は、国境近くの街サリタシュへ。
食事をした後、ロシア人女性とはここでお別れ。
このサリタシュのそばに有名なキャンプサイトがあるらしく、そこで泊まる予定らしいです。

 

キルギス オシュ

サリタシュから目的地のオシュまでは3時間半くらい。

景色が雪山から、農村へ。農村から街へと変化していきます。
タジキスタンの乾いた景色ばかりを見ていたので、キルギスの潤いを感じる緑の景色が楽しい。

 

午後6時ごろ、オシュに無事到着。
12時間の長旅でした^^;

 

スポンサーリンク

旅をもっとお得に!!キャンペーン情報!![2018年版]

Booking.comで2000円がキャッシュバック!!

世界的な大手宿泊予約サイトBooking.comでは、宿泊後になんと2000円がキャッシュバックされる”友達紹介キャンペーン"をただいま実施中です。

当サイト限定の下記のリンクからBooking.comにアクセスして、4000円以上の宿泊予約(※一回の予約で宿泊日数は問いません)をすると、実際に宿泊した後にBooking.comから2000円キャッシュバックの手続きメールが届きます。詳しい利用規約はこちらをご覧ください。

「旅やねん。」では10人様まで(限度人数に達し次第終了。残り5名様!!)なので、ぜひこのお得な機会をお見逃しなく!!

 

>>Booking.comへ(2000円キャッシュバック付リンク)

 

airbnbに新規登録で3500円の旅行クーポンプレゼント中!!

今話題の民泊予約サイトairbnbでは、ただいま3500円の旅行クーポンがプレゼントされる"お友達紹介プログラム"を実施中!!

当サイト限定の下記のリンクからairbnbのサイトにアクセスして新規登録をすると、3500円分のクーポンが発行されます。

有効期限は1年間なので、とりあえず新規登録を済ませてゆっくりと旅行の計画を立てることが可能です。ぜひ、このお得な機会に登録をすることをおすすめします。

 

>>airbnbへ(3500円クーポン付リンク)

世界一周ランキングに参加中!!

「旅やねん。」「にほんブログ村旅行・世界一周ブログランキング」に参加中!!

下記バナーをクリックして頂くと、当サイトのランキングが上がります。
(※一日1クリックのみ有効※要ページの読込完了)

ランキングが上がると、僕達の世界一周記事更新のモチベーションUPにも繋がります。

2018年6月現在63位→63位 目指せTOP10!!

↓応援のクリックよろしくお願いします↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

☆新しいタブで開く時は長押し・右クリックで☆

 

ありがとうございました♪♪

この記事が気に入ったら
いいね!で最新情報をお届け
υ´• ﻌ •`υ

 

宿情報, 旅人情報, 観光

Posted by taxi