ヨハネスブルグからブルームフォンテンへ移動!!遠回りバスに乗り込む…

 

IMG_20170425_175357

あのヨハネスブルグですぜ、兄貴…

 

どうも旦那です。

 

ジンバブエ世界遺産であるグレートジンバブエの見学後、僕たちはジンバブエを出国して南アフリカに向かう予定。

マシンゴに少し遅れて到着したインターケープ社ハラレヨハネスブルグ行は、僕達を乗せて順調に国境へ向かいます。

 

日本人旅行者がこぞって快適だ、素晴らしいと言うインターケープのバスですが、僕的には??
確かにマラウイやジンバブエなどでインターケープ社のバスに乗ると、テンションが上がると思います。
でも、言うほど座席間隔も広くないし、電源が付いている訳でもないし、至って普通のバス^^;
すごく快適な夜行バスの旅を期待していた僕は、ちょっとガッカリしてしまいました。

 

 

さて、ジンバブエの出国はスタンプを押されて一瞬で終わり。

 

南アフリカの入国は、同じ時間帯のバスが多いので、バス会社ごとに呼ばれて並んで入国処理されます。
南アフリカは、日本人はVISA無しで入国可能。
入国スタンプと最大滞在可能日が書かれた2つのスタンプが押されます。

 

僕達は3ヶ月後の日付が押されましたが、たまに1ヶ月しか書いてくれない事があるらしいので(たぶんジンバブエ人は1ヶ月なのかも??)、きちんとチェックをしましょう。

その後は、バスから荷物を出して税関検査。
久しぶりのX線検査で楽チン^^;

 

結局、全ての手続きが終わってバスが出発するまで3時間ほど掛かりました。。。

 

 

南アフリカ ヨハネスブルグ
翌朝バスの車内で目覚めると、整備された高速道路の景色。
南米で言うとチリの様な道路です。ヨーロッパと謙遜ない。
あぁ、アフリカ終わったなぁと最近南下する度に思います、笑。

 

 

バスは定刻通りにヨハネスブルグに到着。

 

南アフリカ ヨハネスブルグ

アフリカ最強にして最凶の都市ヨハネスブルグ。

 

南アフリカ ヨハネスブルグ

南アフリカ ヨハネスブルグ
バスの車窓から見る限りそこまでひどいようには感じませんでしたが、バスターミナルの周りでは、やはり路上生活者が多く、あかん雰囲気が漂っていました^^;

 

 

しかし、バスターミナル内はキレイで安全そう。
ATMで南アフリカランドを手に入れて、次の目的地ブルームフォンテン行きのバスを探します。

 

時刻は9時45分。
グレーハウンド社に尋ねると、10時発のブルームフォンテン行きがあるとのこと。料金は一人330ランド(3000円)
これはラッキーと飛びついた二人。

 

これが大きな誤りでした。。。
いざバスに乗り込む時にチケットを見ると、ヨハネスブルグ10時発でブルームフォンテン着が19時着!?
情報では、所要時間は5時間のはず。

 

添乗員に尋ねると、キンバレイと言う街を経由するからとのこと。
地図で確認すると、ヨハネスブルグからブルームフォンテンは南に一直線で行けるはずですが、西に大回りする様子。
5時間で済む移動がなんと9時間掛かり、もしかしたら料金も高いのかも。。。

 

チケットのキャンセルか変更はできるか聞いてみると、キャンセルは不可、変更は可能だが次に便は18時発の23時着。無理^^;

 

って言うか、そんなイレギュラーな路線って、買う時言ってくれるもんですよね??

わざわざこのバスでヨハネスブルクからブルームフォンテン行く人ってバスオタクくらいでしょう^^;
そりゃ、到着時間を聞かなかった僕達のミスですけど。。。

チケット売りのお姉さん、融通が効かないというか、冷たいなぁという感じ。
南アフリカで最初に関わった人が、この人なのでちょっと南アフリカ嫌いに^^;

 

それにしても、他のアフリカ諸国であんなにウザイと思っていたバスの客引きが、いざ居なくなるととても不便であることに気付きました。
客引きのみんなゴメンね。
今度からは、もう少し優しく接します、笑。

 

 

南アフリカ

南アフリカ

バスは退屈な道のりを9時間走り続けました。

途中で、何故かキリンインパラウォーターバックダチョウなどがいました。
南アフリカでは、ゲームハントやゲームミートなどの文化があるので、そのために飼われているのかも??
だとしたら、ちょっと心中複雑ですね。

 

 

ブルームフォンテンに着いた時には、もう真っ暗。
とりあえず目星の宿までのタクシー代を聞いてみると、50ランド(450円)
たった2km弱で50ランドは高いと蹴って、1km先にあるショッピングモール目指して、街に飛び出しました。

 

、、、が、やっぱり怖い^^;
二人共ドキドキと後悔でヘトヘトになりながら、モールに到着。

 

しかし、モールはすでに閉まっていました。。。
途方に暮れていると、通り掛かったお姉さんが話を聞いてくれて、さらに通りかかったカップルが、一緒に付いて来てくれるとのこと。

 

宿の場所を説明すると、安全なところだけど、夜も遅いしタクシーで行きなさいと電話でタクシーを呼んでくれました。
料金を尋ねると、なんと50ランド!!

ガーン、最初からバスターミナルでタクシーに乗っておけば良かった。。。
とんだ回り道でしたが、南アフリカ人の温かさに触れることができて良かったです。
みなさん、ありがとうございました。

 

 

南アフリカ ブルームフォンテン The loft guest house

今夜の宿は、「The loft guest house」。

シングル150ランドで、2人で使用は200ランド(1700円)でした。

 

南アフリカ ブルームフォンテン The loft guest house
何故かベッドがキングサイズ、トイレシャワー共同。wifi無し。
お湯は湯量十分で、バス移動の疲れが癒えました。

場所は座標軸 -29.119177,26.189596 で検索してくださいね。

 

 

明日は、南アフリカ国内にある王国、レソトに向かいます。

 

 

スポンサーリンク

Posted by taxi