ムズズからマニャムラへ。命を頂く体験。鶏を絞めて捌く

 

マラウィ 事故

ハマる車

 

どうも旦那です。

マラウィムズズに滞在中。

 

今日から、マラウィで活動する青年海外協力隊(JICA)の隊員の方の家でお世話になります。
朝10時にムズズのスーパーマーケットに集合するので、今朝は早起きして6時半頃に宿をチェックアウトし、いつもの「COFFEE DEN」へ。
ここでインターネットをしながら、コーヒーを頂きます。

 

マラウィ 犬

今回も、トロさんはご同行。
カフェでも、大人しく待ってくれています。

 

集合時間になったので、スーパーへ。

今回、お世話になるのはベッキーさん。
ベッキーさんはマニャムラという街を中心に、乳幼児の保健衛生や栄養指導などを現地の職員と一緒に行っています。

 

 

マニャムラは大きな街では無いので、ムズズのスーパーで買い出し。
ムズズにあるスーパーマーケット「SHOPRITE」は、南アフリカ系のスーパーで、現在マラウィには3ヶ所にしかないんだそう。
マラウィ北部のJICA職員は、地元に無いものの買い出しはムズズまで来て行います。

 

 

その後は、マトラ(ミニバス)で移動。
ムズズからマニャムラへの移動は、まずはムジンバ(Mzimba)へ行き、そこからマニャムラへのバスに乗り換えです。
ムズズームジンバ間の料金は一人1500クワチャ(240円)所要時間は2時間弱位

 

IMG_20170319_094044

バイバイ!!トロさん!!

 

ここで、トロさんとはお別れです。
このマトラ、1時間半くらいも客待ちしていたのですが、トロさんはけなげにずっと待っていてくれました。
Shukuは、トロさんをいたく気に入ったそうで、日本に連れて帰りたかったようですが^^;

 

ムジンバに到着、ここは県の中心なので北部のカロンガのような規模の街。

 

IMG_20170319_145211
ここで、生きた鶏を購入します。
一匹3000クワチャ(480円)。

 

ムジンバからマニャムラへは、トラックの荷台型のバスで1000クワチャ(160円)
しかし、今日は日曜日。バスは、すでにありません。
キリスト教系の国の日曜日は、旅人にとっては魔の日曜日。人々があまり移動しないので、バスが少ないのです^^;

 

仕方がないので、シェアタクシーで移動。一台8000クワチャ(1280円)。
所要時間は40分くらいでした。

 

シェアをした地元客が刑務所勤務の婦人警察官で、刑務所内に職員の家があるため、タクシーはなんと刑務所内へ。
このムジンバの刑務所は居心地が良いことで有名で、刑期の軽い囚人が多く、刑務所の外に出歩くことも可能だそうです。マジか。

 

 

そんな、貴重な体験をした後にマニャムラに到着。
ベーキーさんの家は、トウモロコシ畑に囲まれたのどかな場所。
女性の一人暮らしのため、警備のおじさんもいます。

 

電気は通っておらずソーラーパネルで電気を取り、水道もないので外の水道からバケツで水を汲んできたり、雨水を貯めたりして使用。
ガスももちろんないので、調理や湯沸しは炭で行います。
お風呂はお湯を沸かして水と混ぜて、桶を使って浴びます。

 

蛇口をひねれば水が出て、コンセントをさせば充電できて、スイッチ一つで火が着く。
日本では当たり前の事が、マラウィではとても恵まれているということが分かります。

 

 

鶏 締める
今日の夕食は、さっき買ったばかりの鶏を頂きます。
そう、自分たちで調理をして食べるのです。
肉を食べる時。普段は既に命なきものを食べていますが、今回は命を頂くところから始めます。

 

 

※ここから先に、人によっては残酷に感じる画像が掲載されています。血や内臓などが苦手な方はお気を付けください。子猫の画像が出ると大丈夫です^^;

 

 

マラウィ 鶏 締める

鶏の足を押さえて、羽を踏み暴れないようにして目を指で塞ぎます。
日本のテレビで、これはストレスを必要以上に与えないためと見ました。

 

マラウィ 鶏 締める

そして、ナイフで首を切ります。
一気にしないと余計な苦しみを与えてしまいます。
Shukuが行おうとしましたが、一気に切る踏ん切りがつかず、ベッキーさんにお任せすることに。

 

ベッキーさんは何度か経験しているので、一気に手際良く鶏の首を切ります。
鶏はしばらく痙攣したあと、静かに命を終えました。
命を自分たちの手で終わらせた事を、しっかりと心に焼き付けました。

 

 

マラウィ 鶏 締める

その後は羽の処理。
鶏を熱湯に浸けて毛穴を広げ、羽を毟るように全て取り去ります。

 

マラウィ 鶏 締める
これが意外と重労働で、日本のスーパーマーケットではツルツルの状態で売られているのですから、裏で処理をしてくれている方には本当に感謝です。

 

 

マラウィ 鶏 締める

この状態になれば、スーパーマーケットでも一羽売りで売られている見慣れた状態。
ここからは、肉をさばいて行きます。
警備のおっちゃんに教えてもらいながらの処理。

 

マラウィ 鶏 締める

マラウィ 鶏 締める

マラウィ 鶏 締める

マラウィ 鶏 締める

鶏肉の捌き方にも順序があり、それに従って捌いていくと、部位ごとにとても綺麗に分かれていきます。
もも肉、手羽先、胸肉、ささみ、砂肝、レバー、心臓…etc。
さっきまで動いていたその肉は、温かく、とても美しい色をしていました。

 

 

マラウィ 子猫

IMG_20170319_165035

調理の待ち時間は、子猫との戯れタイム。

 

 

IMG_20170319_191002

そして、出来上がった料理。

 

命を頂きます。

 

すっげぇ美味い。
アフリカで食べた鶏肉の多くは、モモ肉であっても胸肉のようにパサついたものが多かったのです。
しかし、今回食べた肉はどの部位もプリプリとしていました。

 

新鮮な鶏肉ならではの、ささみのタタキをわさび醤油で。
これも最高に美味しかった!!

 

 

その後、料理で使った炭の余熱でお湯を沸かして、水と混ぜてお湯を浴びます。
炭で沸かしたお湯は、普通のシャワーよりもポカポカとして気持ちいい。
バケツに入った限られた水で浴びるので、いかに自分が日頃多くの水を消費しているか…水の大切さも分かります。

 

そんな感じで、マニャムラ1日目はすっかり眠くなって就寝…。

 

 

明日は、ベッキーさんの活動の一つである乳幼児健診の見学と、栄養の関する授業の見学にお邪魔します。

 

 

スポンサーリンク

Posted by taxi