キリング・フィールド(チュンエク大量虐殺センター)を訪れて

カンボジア プノンペン キリング・フィールド トイレ

日本からのトイレの寄贈

 

どうも旦那です。

 

カンボジアプノンペンに滞在中。

僕たちは先日「トゥール・スレン虐殺博物館」を訪れました。

 

 

今日は、もう一つの悲劇の舞台である「キリング・フィールド」と呼ばれる場所を訪問したいと思います。

ちなみにキリング・フィールドは、実際に虐殺が行われた場所の通称でカンボジアの各地にあり、僕たちが訪れたプノンペンのキリング・フィールドは「チュンエク大量虐殺センター」という名称があります。

 

キリング・フィールドへの行き方

 

キリング・フィールドは、プノンペンの郊外にあります。
プノンペンからの距離は約11km、徒歩は厳しい距離です。
しかし、キリング・フィールドへは目ぼしい公共交通機関はないため、ツアー・タクシー・トゥクトゥク・バイタク・レンタルバイクなどを利用することになります。

 

僕たちは、今回レンタルサイクルを借りてキリング・フィールドに向かいました。

レンタルサイクルは、泊まっている宿「capitol guest house」の向かいにあるお店で借りました。
一日2ドルで、パスポートを預ける必要があります。

 

プノンペンのダウンタウンを抜けるまでは、車やバイクの通行量が多く、運転には気を遣いました。
大きな幹線道路に出てからは、のんびりと運転できます。

 

 

カンボジア プノンペン キリング・フィールド チュンエク大量虐殺センター

入り口

 

チュンエク大量虐殺センターの入場料は、1人6ドル
これには、日本語の音声ガイドも含まれています。
僕たちは、音声ガイド一つを二人でシェアしたいと受付で言って、二人で合計9ドルになりました。

 

このキリング・フィールドで行われていた悲劇

カンボジア プノンペン キリング・フィールド チュンエク大量虐殺センター 慰霊塔

慰霊塔

 

ここキリング・フィールドで行われたことは、

 

処刑

 

です。

 

 

先日訪れたトゥール・スレン収容所はあくまで収容目的で、拷問等は行われましたが処刑はしてはいけない規則が有りました。

 

ポルポトの異常な猜疑心により始まった国民への虐殺行為の開始。
トゥール・スレンに収容された人々は、無理やり反政府分子であるとの発言をさせられた後、この場所に送られてきました。

新たな土地に向かい新生活を送ることになると言われて、多くの人々がトラックで運ばれてきたそうです。

 

与えられた食事には、ある種の農薬が混ぜられていました。
しかし、収容所で常時飢餓状態にあった人々の多くが、異変に気付いても食べたそうです。

 

さらに生き残った人々に待っているのは、処刑という実力行使。
しかし、物資に乏しいポルポト率いるクメール・ルージュ、銃弾に余裕がありません。

そこで使われたのが、農耕具などの一撃で殺めることができにくい道具。
中には、ノコギリ状になっている植物を使用したり、ただ樹に頭を叩きつけるといった処刑も行われていたそうです。

アフリカのルワンダで行われた虐殺方法に似ていますね。

 

 

その後、多くの人が当日の晩には処刑されました。
残った人々も、厳しい労働を強いられ、次々と亡くなっていったそうです。

 

 

ポルポトが政権をカンボジアを掌握していたのは、わずか数年でしたが、その間に100万に近くの人々が虐殺されたそうです。

その前後の内戦を含めると、カンボジア国内で200〜300万人の人々が亡くなっています。
これは、当時のカンボジアの人口のおよそ3分の1にもなります。

 

悲劇の舞台を目の当たりにして…

カンボジア プノンペン キリング・フィールド チュンエク大量虐殺センター

 

まずは、資料と映像のある建物へ。

1時間にに一回程度、当時の状況などの映像が上映されています。

英語でしたが、当時の状況を知る貴重な映像ですので時間が合えば見た方が良いですね。

 

カンボジア プノンペン キリング・フィールド チュンエク大量虐殺センター

 

施設内は、オーディオガイドのポイントの掲示と共に説明書きがありました(英語)。

すでに多くの建物が破壊されています。

 

カンボジア プノンペン キリング・フィールド チュンエク大量虐殺センター

 

こちらが処刑道具の代わりに使われたノコギリ状の葉を持つ植物。

ルワンダでも同じ様に使われました…。

 

 

実際に処刑された人々が埋められていた場所。

死体の臭いを隠すために、食事にも混入されていた農薬が大量に撒かれていたそうです。

当時は、腐敗した死体から出たガスで、土が盛り上がっていたのだとか…。

 

カンボジア プノンペン キリング・フィールド チュンエク大量虐殺センター

 

今でも、骨などが落ちている事があるのか、勝手に骨を拾わないでくださいとの注意書きがありました。

 

カンボジア プノンペン キリング・フィールド チュンエク大量虐殺センター

 

施設内には、大きな池があります。

音声ガイドが、少し疲れたでしょうから無理をせずに池でも見て休憩してくださいと気を遣ってくれていました。

確かにしんどい…、色々な意味で。

 

カンボジア プノンペン キリング・フィールド チュンエク大量虐殺センター

 

この樹は、たくさんの子供の頭を叩きつけて殺した樹。

慰霊のための腕輪がたくさん飾ってありました。

個人的には、この場所が一番辛かった。

 

カンボジア プノンペン キリング・フィールド チュンエク大量虐殺センター

 

慰霊塔の中には、犠牲となった人々の骨が大量に展示されています。

ルワンダでも言いましたが、僕はこの展示方法には違和感を覚えています。

僕なら土に還りたいと思いますので。

 

キリング・フィールドを訪れての感想

 

トゥール・スレンを訪れた時にも感じましたが、カンボジアでの虐殺は本当に理解に苦しみます。

 

アウシュビッツアルメニアルワンダと今まで様々な虐殺の現場や博物館を訪れました。

虐殺の裏にあった政治的な背景や民族間の対立などを理解すると、止められなかったことは悲劇ですが、それらの虐殺は起こるべくして起こったものであるとも感じることができたのです。

 

でも、ここカンボジアで起こった虐殺だけはどうにも理解できません。。。
ポルポトという頭のおかしいオッサンが、どうしてトップでいられたのか。
5年後10年後の国の姿を憂いて、なぜ誰も行動できなかったのか。

 

さらに不思議なのは、このポルポトというオッサンが1998年69歳まで生きていたということ。

死因は、諸説あるようですが公式には病死

 

カンボジア人、人が良過ぎではないですか??

 

そりゃ、このオッサンに全ての憎しみを打ち込んで100万人の苦しみを味あわせて処刑させても、亡くなった人々は帰ってきません。
でも、そこから始まるものもあったのでは??

 

なんだかモヤモヤしたチュンエク大量虐殺センター訪問でした。

 

 

明日は、プノンペンの街ブラや美味しくて安いグルメなどのご紹介です。

 

 

世界一周写真展を開催したい!!クラウドファンディングに挑戦!!

動物 写真展 ロゴ

『人と動物の本当の意味での共生とは?世界112カ国犬猫の写真展を開催したい』

By 旅する獣医師&ドッグトレーナー

動物のことを考えるきっかけを作りたい!!という想いから、『世界の人と動物の暮らしを伝える写真展』開催に向けてクラウドファウンディングに挑戦しています。

下記のサイトには私達の想いや世界の景色、動物の写真が掲載されています。

共感頂けましたら、情報のシェアや支援者になって頂けるとうれしいです!!よろしくお願いします!!

 

【人と動物の本当の意味での共生とは?世界112ヶ国犬猫の写真展を開催したい!】(kibidango.com )

旅をもっとお得に!!キャンペーン情報!![2018年版]

airbnbに新規登録で3500円の旅行クーポンプレゼント中!!

今話題の民泊予約サイトairbnbでは、ただいま3500円の旅行クーポンがプレゼントされる"お友達紹介プログラム"を実施中!!

当サイト限定の下記のリンクからairbnbのサイトにアクセスして新規登録をすると、3500円分のクーポンが発行されます。

有効期限は1年間なので、とりあえず新規登録を済ませてゆっくりと旅行の計画を立てることが可能です。ぜひ、このお得な機会に登録をすることをおすすめします。

 

>>airbnbへ(3500円クーポン付リンク)

世界一周ランキングに参加中!!

「旅やねん。」「にほんブログ村旅行・世界一周ブログランキング」に参加中!!

下記バナーをクリックして頂くと、当サイトのランキングが上がります。
(※一日1クリックのみ有効※要ページの読込完了)

ランキングが上がると、僕達の世界一周記事更新のモチベーションUPにも繋がります。

2018年7月現在63位→45位 目指せTOP10!!

↓応援のクリックよろしくお願いします↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

☆新しいタブで開く時は長押し・右クリックで☆

 

ありがとうございました♪♪

この記事が気に入ったら
いいね!で最新情報をお届け
υ´• ﻌ •`υ

 

プノンペン

Posted by taxi