限りなく黒に近いグレーなピグミー族ツアー??inカバレ

2017/02/20

 

ウガンダカバレに滞在中。

 

今日は昨日、申し込んだツアーに参加してピグミー族を見に行きます。

カバレから西にあるキソロからピグミー族を見に行くツアーに参加した人はいますが、ここカバレから参加した人はいません。このツアー大丈夫なのでしょうか??

 

心配していたタクシーも時間通りに迎えにきてくれました。
ブニョニ湖畔へ向かい、昨日ボートを降りた場所から再びボートに乗って出発です。

っていうか、昨日の兄ちゃん言ったボート乗り場よりかなり手前やん。

それなら、バイタクで往復1人10000シリングで行けたやん。
それって、タクシーの半額。

 

ここから不穏な空気が漂い始めます。

ボートに乗って、昨日までいた宿も通り過ぎてまだまだ進みます。

 

ウガンダ カバレからピグミー族の村へ

ウガンダ カバレからピグミー族の村へ

 

そしてやっと到着した謎の場所。

ウガンダ カバレからピグミー族の村へ

子供達が出迎えてくれました。
その子供達と一緒に山をてっぺんまで登りきります。

ウガンダ カバレからピグミー族の村へ

 

ウガンダ カバレからピグミー族の村へ

 

ウガンダ カバレからピグミー族の村へ

 

ウガンダ カバレからピグミー族の村へ
てっぺんに現れたのは学校。

ウガンダ カバレからピグミー族の村へ

ウガンダ カバレからピグミー族の村へ

今日は日曜日。学校は休みなのだそうです。
そこから歩いてすぐにあった村。

ウガンダ カバレからピグミー族の村へ

ウガンダ カバレからピグミー族の村へ

ウガンダ カバレからピグミー族の村へ

ウガンダ カバレからピグミー族の村へ

そこの住居の中も見学させてもらいました。中身は簡単で、手前が台所であとは寝る場所のみある感じです。

ウガンダ カバレからピグミー族の村へ

ウガンダ カバレからピグミー族の村へ

ウガンダ カバレからピグミー族の村へ

 

そして、さぁピグミー族の村はどこってガイドに聞く。
するとガイドは、

 

「ここがピグミー族の村だよ」って。

えーと。ここには、おばあさんと子供達しかいません。

子供は最初から小さいものなので、小さいのかよくわからない。
おばあさんが小さくても何も不思議じゃないから分からない。
なんなら、うちのおばあちゃんと一緒ぐらいやし。

やっぱり大人の男の人を見ないと。。

 

それ言うと、いつもは村にいるはずだけど、今日は女の人はマーケット、男の人は狩猟にでかけ、夕方2時か3時頃にしか帰らないと言う。
今は12時。それなら帰ってくるまで待つ言うと、16時頃まで帰らないかもと言うし、このガイド、言うことがコロコロ変わる

怪しい。マーケットは遠い言ってたけど、子供に聞いたら近いというし、真実はどこにあるのか不明。

 

そんなやりとりをしていると雨が降ってきたので、子供たちとしばらく雨宿りしながら遊びました。

 

ウガンダ カバレからピグミー族の村へ

水を入れるタンクは壊れていて。。

 

ウガンダ カバレからピグミー族の村へ

子供たちの遊び場所になっていました。

 

ウガンダ カバレからピグミー族の村へ

ウガンダ カバレからピグミー族の村へ

 

とりあえず、雨も止んだので、子供とおばあちゃんのダンス見ました。

ウガンダ カバレからピグミー族の村へ

 

ウガンダ カバレからピグミー族の村へ

 

ウガンダ カバレからピグミー族の村へ

 

えーとなんだろう。はっきり言って微妙です。

1番真剣に踊ってくれたのは、左端にいるおばあちゃん。

おばあちゃんは80才らしい。

 

そんなことをしながら、しばらく待っても誰も帰ってきそうにない。

 

最初からピグミー族の大人なんていないただの孤児院なんじゃないか?って疑問も湧く。

だって、誰に聞いてもピグミー族は山に住んでるっていうのに、ここは一般人が住んでる近くに住居がある。
毎日何時間もかけて、狩場まで歩いて行かなあかんそんな場所に住む?

 

ガイドは、最初はピグミー族は狩りや自然に生えてる果物やキノコを採って暮らしてて、農耕はしないって言ったのに、芋は育ててたし、こっちの英語力もあるんだろうけれど、チグハグなところが多すぎる。

 

こんな学校の近くに住んでるのに学校行かないらしいし、お風呂は一回も入らないんだって。
ガイドはピグミーが嫌いなのか少し皮肉っぽく言ってた気もするし、子供とおばあちゃんが本当にピグミーだったのかすらも不明なまま諦めてボートに乗って帰りました。

 

こんなことなら、面倒くさがらずにキソロに行けばよかった。

 

ブニョニ湖の宿アマガラで確認するのはありだと思うけれど、ここカバレからピグミー族のツアーに行くのは激しくオススメしません。
ツアー行くなら大人に会えるかをしっかり確認することをオススメします。

うちらは、詰めが甘かった。さすがアフリカ。
これからは気をつけねば。

 

遅めのお昼ご飯兼、夜ご飯は、バーベキューとポテトフライ。

ウガンダ カバレ バーベキュー
カバレ着いた日に屠殺場で会ったおっちゃんがやってる店でした。
あの日、買うのを諦めた肉が食べれるなんてラッキー。
まぁおいしかったけど、カンパラで食べた牛串にはかないませんでした。

 

ウガンダ カバレ バーベキュー

 

ウガンダ キガリ バーベキュー

 

路上自転車販売しているパイナップルも剥いてもらいました。

このパイナップルが激うま!!ジューシーでとにかく甘い!!!

 

ウガンダ カバレ パイナップル

 

そしてハチミツ購入。とってもコクのある味わい深い蜂蜜でした。

 

ウガンダ カバレ 蜂蜜
このハチミツと牛乳で昨日同様チャイ作り。

揚げパンと食べた後、再びハチミツ屋さんを訪れ、ハチミツで出来たジュースを飲みました。

ウガンダ カバレ 蜂蜜
おばちゃんはジュースと言い張っていたけど、アルコールに敏感なTaxiからすると確実にお酒だったようです。
お酒と認めたら密造になるんかな。
味はハチミツビールといったところ。

昨日、ハチミツの値段を確認しに訪れて今日の昼間ハチミツ買って、夜にハチミツジュースを飲みにきて3回目だったからか、ハチミツ屋のおばちゃんがすごく喜んでくれて、一緒に写真撮ろうってことになりました。

 

ウガンダ カバレ 蜂蜜

 

そして、それがキッカケでその場にいた娘さんと話していると、ハチミツジュース飲みにきてたおっちゃんらも一緒に話すことになり、ウガンダのことをイロイロ聞けて楽しい時間でした。

ウガンダ カバレ 蜂蜜

 

ウガンダではマンゴーが安いけれど、日本では高級フルーツだと日本の値段言ったら驚いていました。
そしてまさかのそこにいたおじさんと一緒にマンゴーを買ってくれ、お土産として渡してくれました。

ありがたい。

 

娘さんは、もうすぐ結婚するらしく、今、結婚式で着るドレスを選んでいる最中だそうです。
メッチャかわいいドレスがあって高いから着れないなって悩んでるあたりはどこの国も同じ。

ウガンダでは結婚式前にも一度パーティーを開くらしいです。

 

アメリカで結婚前に交わす契約書は日本にあるか聞かれました。

日本にはないよーって言うと、そうだよね。そんなのクレイジーだよねと、その場にいた人ほぼ全員同じ意見の中、1人の年配のおじさんが、俺はべつに交わしてもいいんじゃないって言ったのをキッカケに周りから猛反発をくらいます。
年上でも容赦はしないようです。

 

ウガンダではまだまだ女性の地位は低く、そんな契約を交わすと女性側が圧倒的に不利になること、またそんな契約書があれば、結婚して離婚するを繰り返し慰謝料をもらう結婚ビジネスみたいなのが成立するんじゃないかとも言っていました。

 

これは結婚には関係ないけれど、話しをして1番印象に残ったのは、ウガンダの人は犬を飼ってる?との質問に対して、

 

いくつかの家庭では飼っているけれど、お世話は一切せずにフリーな状態。

犬に御飯をあげる余裕があれば自分達が食べる方が大事。たまに肉を食べたあとの骨をもらえたらラッキーね。

 

と言っていたことです。

 

それって野良犬と同じで、飼ってると言えないのではないのでは?と思うけれど、1番最初の犬と人との関わり方。
犬の為に、高級なフードを買い与えている世界なんてウガンダの人には信じられないことなんだろうなと思います。

 

世界は不公平で成り立っている。改めて実感したことです。

日本の居酒屋のような雰囲気を味わえて最後の夜も楽しく過ぎて行きました。

明日は、ルワンダの首都キガリへ向かいます。

 

スポンサーリンク

旅をもっとお得に!!キャンペーン情報!![2018年版]

Booking.comで2000円がキャッシュバック!!

世界的な大手宿泊予約サイトBooking.comでは、宿泊後になんと2000円がキャッシュバックされる”友達紹介キャンペーン"をただいま実施中です。

当サイト限定の下記のリンクからBooking.comにアクセスして、4000円以上の宿泊予約(※一回の予約で宿泊日数は問いません)をすると、実際に宿泊した後にBooking.comから2000円キャッシュバックの手続きメールが届きます。詳しい利用規約はこちらをご覧ください。

「旅やねん。」では10人様まで(限度人数に達し次第終了。残り5名様!!)なので、ぜひこのお得な機会をお見逃しなく!!

 

>>Booking.comへ(2000円キャッシュバック付リンク)

 

airbnbに新規登録で3500円の旅行クーポンプレゼント中!!

今話題の民泊予約サイトairbnbでは、ただいま3500円の旅行クーポンがプレゼントされる"お友達紹介プログラム"を実施中!!

当サイト限定の下記のリンクからairbnbのサイトにアクセスして新規登録をすると、3500円分のクーポンが発行されます。

有効期限は1年間なので、とりあえず新規登録を済ませてゆっくりと旅行の計画を立てることが可能です。ぜひ、このお得な機会に登録をすることをおすすめします。

 

>>airbnbへ(3500円クーポン付リンク)

世界一周ランキングに参加中!!

「旅やねん。」「にほんブログ村旅行・世界一周ブログランキング」に参加中!!

下記バナーをクリックして頂くと、当サイトのランキングが上がります。
(※一日1クリックのみ有効※要ページの読込完了)

ランキングが上がると、僕達の世界一周記事更新のモチベーションUPにも繋がります。

2018年6月現在63位→63位 目指せTOP10!!

↓応援のクリックよろしくお願いします↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

☆新しいタブで開く時は長押し・右クリックで☆

 

ありがとうございました♪♪

この記事が気に入ったら
いいね!で最新情報をお届け
υ´• ﻌ •`υ

 

2017/02/20カバレ, 旅のトラブル

Posted by shuku