マクロードガンジからアムリトサルへ!!シーク教とは??[行き方情報有]

 

インドマクロードガンジに滞在中。

 

体調不良で結局8泊もしてしまったマクロードガンジ。
今日ついに次の目的地アムリトサルに向けて出発します。

本日の予定

・マクロードガンジからアムリトサルへバスで移動

 

 

マクロードガンジからアムリトサルへの行き方

一番簡単なのはマクロードガンジからアムリトサルへの直通バスですが、早朝に一本あるのみなので、僕たちは利用しませんでした。

なので、今回は朝が苦手な人向けの情報です^^;

マクロードガンジから、麓の街のダラムサラのバスターミナルまでバスで。

バスはターミナル内ではなく、そこからダラムサラへ向かう道路上に停まっています。

料金は一人15ルピー(25円)

 

インド ダラムサラ から アムリトサル 
次にダラムサラのバスターミナルからパタンコートへのバスに乗り換え。

料金は一人131ルピー

ここで車掌にアムリトサルに行きたいと伝えておくと、乗り換えをスムーズに斡旋してくれます。

僕たちは、たまたま通りかかったアムリトサル行きのバスに、路上で乗り換えることができました。

 

パタンコートからアムリトサルまでは、一人120ルピー

マクロードガンジの宿を出てからからアムリトサルまで、結局7時間くらい掛かったと思います。

 

宿のあるアムリトサルの黄金寺院へ

ほぼ寝てる間にアムリトサルに到着。
今日の宿は、シーク教黄金寺院の近くにある寄付制で泊まれる宿です。
バスターミナルからそこまでは結構遠いですが歩いて行きます。

スマホの地図アプリmaps.meの『Sarai Shri Guru Ramdass Ji』を目指して行き、最後の方は人に聞くのが簡単です。
シーク教の敷地内に入り、左手の建物の二番目がその宿泊地です。

ここの向かいにはシーク教の聖地でもある黄金寺院があり、その横には誰でも無料でご飯を食べられ、いつでも無料でチャイが飲める施設があります。

インド アムリトサル シク教 寺院 宿泊施設

みんながご飯を食べる場所

 

インド アムリトサル シク教 寺院 宿泊施設

チャイを飲む場所

 

インド アムリトサル シク教 寺院 宿泊施設

チャイは、砂糖ありと無しが別々のタンクに入っている。

この無料のご飯やチャイは、シーク教徒の寄付と、無償でご飯を作ったり掃除をするボランティアの人達で成り立っています。

シーク教徒はお金持ちが多いので、このようなことが可能です。

なぜシーク教徒にお金持ちが多いのか。

それは、インドのヒンドゥー教のカースト制度が理由の一つに挙げられます。
カースト制度では、カーストの身分によって、何万もの職業に分けられ、人々は専従させられていました。
時代は移り、インド人たちも海外に出て働く必要が出てきました。

しかし、古来からのカースト制度には海外で働くという身分の人間がいません。

 

そこで海外へ向かったのが、カースト制度に属さないシーク教徒です。

その後、多くシーク教徒が海外で成功し巨額な富を得ました。

外国人がインド人をイメージする時の、あのターバンと立派な髭はシーク教徒の特徴であり、我々のインド人のイメージを形作ったのは、海外に飛び出したシーク教徒達の影響なのです。

 

シーク教はヒンドゥ教とイスラム教のダメなところを取り除いて、改善して作った宗教と言われています。
言い方を変えれば、シーク教はヒンドゥー教とイスラム教の良いとこ取りの宗教。

男の人は、頭にターバンを巻いて腰には剣をさし、腕にはリングをつけるのが特徴で、筋肉質で背が高い人が多いので警備の仕事によくつき、実際にも強かったのだそう。
アフリカで言うマサイ族みたいな感じかな。
私達がインド人と言えばで思い浮かべるのが海外進出したシーク教徒の人達なので、頭にはターバン巻いてカレー食べているイメージになったのです。

実際、インドに来てみると頭にターバン巻いてる男の人は、ほとんどいません。

インド国内でもシーク教徒の割合はほんの数パーセントと言われています。
ターバンはヒンドゥ教徒のババジと呼ばれる修行僧も巻いてるけどほんの一部だし、シーク教徒とカラーが違うので分かると思います。

ババジが巻いているのはオレンジのみ、一方シーク教徒は青や緑やピンクなどいろいろな色のものをオシャレに巻いています。

 

だから、アムリトサルの黄金寺院の近くに行くと、私達のイメージするThe・インド人を見ることができます。
また、宗教感を凄く感じることが出来るので、アムリトサルでシーク教のドネーションの宿に泊まるのはオススメです。

 

黄金寺院の寄付制の宿はこんな感じでした

黄金寺院の宿泊施設は、もちろん全ての人に開放されていますが、特別に外国人専門の宿泊場所があるのでそこで受付を済ませます。

ちなみに、黄金寺院内は頭を布で隠すのがマナーです。

ターバンを巻けとは言われませんが、男女ともタオルなりスカーフなりを巻いて過ごすのがシーク教に対する礼儀です。

チェックインの時、私達は空きベットがなかったので、マットレスを引いて地面に寝ることになっていました。

が、夜ご飯を食べて戻ると、ベットが空いたみたいで、三人部屋のドミトリールームに案内されました。
三人部屋ドミトリールームが4部屋、広い10人ぐらい寝れるドミトリールームが1つあり、水シャワールームが1つあります。

宿泊施設内の野外で寝れる場所

 

トイレは外国人専門の施設にはなく、施設を出て左にまっすぐ行き、インド人が宿泊している場所を通り抜けたとこにある共同トイレです。2階建ての大型トイレ施設です。シャワーもあります。

 

インド人が寝る場所はちゃんとした部屋から、施設内の外で布引いて寝るスタイルまで様々でした。

私達が訪れた時は週末だったからか、何かのお祭りだったのか分からないけど、花火が何発もあげられていて、シーク教の建物と一緒に見る花火はすごく綺麗でした。

花火は思ってたよりも長い時間揚がっていました。

 

そして、この日はシーク教の寺院の側で、アイスも無料で配っていました。

インド アムリトサル シク教 

アイスを待つ人達の列

あまりに凄い行列だったので、最初は並んでいた私達も諦めました。

なんか、お尻二回も触られたし(シーク教ではないインド人の青年集団)、スリにも遭いそうだったから。。。

 

アムリトサル名物のクルチャを食べる

とりあえず、今日は外にご飯を食べに行って、アムリトサル名物の『クルチャ』を食べました。

クルチャは、ジャガイモを間に入れて焼いたチャパティー上にたっぷりのバターを乗せ、ダルやカレーと一緒に食べる料理。インド アムリトサル ご飯

クルチャ

 

明日は、パキスタンとインドの国境に行ってきまーす。

 

世界一周写真展を開催したい!!クラウドファンディングに挑戦!!

動物 写真展 ロゴ

『人と動物の本当の意味での共生とは?世界112カ国犬猫の写真展を開催したい』

By 旅する獣医師&ドッグトレーナー

動物のことを考えるきっかけを作りたい!!という想いから、『世界の人と動物の暮らしを伝える写真展』開催に向けてクラウドファウンディングに挑戦しています。

下記のサイトには私達の想いや世界の景色、動物の写真が掲載されています。

共感頂けましたら、情報のシェアや支援者になって頂けるとうれしいです!!よろしくお願いします!!

 

【人と動物の本当の意味での共生とは?世界112ヶ国犬猫の写真展を開催したい!】(kibidango.com )

旅をもっとお得に!!キャンペーン情報!![2018年版]

airbnbに新規登録で3500円の旅行クーポンプレゼント中!!

今話題の民泊予約サイトairbnbでは、ただいま3500円の旅行クーポンがプレゼントされる"お友達紹介プログラム"を実施中!!

当サイト限定の下記のリンクからairbnbのサイトにアクセスして新規登録をすると、3500円分のクーポンが発行されます。

有効期限は1年間なので、とりあえず新規登録を済ませてゆっくりと旅行の計画を立てることが可能です。ぜひ、このお得な機会に登録をすることをおすすめします。

 

>>airbnbへ(3500円クーポン付リンク)

世界一周ランキングに参加中!!

「旅やねん。」「にほんブログ村旅行・世界一周ブログランキング」に参加中!!

下記バナーをクリックして頂くと、当サイトのランキングが上がります。
(※一日1クリックのみ有効※要ページの読込完了)

ランキングが上がると、僕達の世界一周記事更新のモチベーションUPにも繋がります。

2018年7月現在63位→45位 目指せTOP10!!

↓応援のクリックよろしくお願いします↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

☆新しいタブで開く時は長押し・右クリックで☆

 

ありがとうございました♪♪

この記事が気に入ったら
いいね!で最新情報をお届け
υ´• ﻌ •`υ