ダナキルツアー3日目!!エルタアレ火山の火口で地球の鼓動を感じる

 

エチオピアダナキルツアー3日目。

今日の朝はゆっくり目。8時に起きて8時30分から朝ご飯。

 

新しいグループと合流して出発するまで時間があったので、村を散策することにしました。
子供たちは学校に行っている子もいれば行っていない子もいるようでした。

 

エチオピアの教育はタダ。

それでも学校に通わせるよりも家の手伝いをさせる方を選ぶ家庭もあるようです。
また、学年によって午前登校の子と午後投稿の子がいるみたい。

 

昨日、折り紙作って遊んだ子は覚えていてくれて声を掛けてくれました。

 

この村は大きな山の麓にあり、山が村を守ってくれているかのようでした。

エチオピア ダナキル ツアー 3日目 村

村の景色

 

エチオピア ダナキル ツアー 3日目 村

家畜が通るのはいつもの風景

なので景色はとってもいい。

のんびり歩いているとまた子供たちに囲まれました。

エチオピア ダナキル ツアー 3日目 村

エチオピア ダナキル ツアー 3日目 村

どんどん寄ってくる子供達

ペンやお金はあげれないけど、折り紙一緒にしたり遊ぶのは大歓迎。
物って与えた方がいいのか本当に迷いますが、お金や物の大切さを学ぶ上でも簡単に手に入らない方がいいと思うのです。

だってエチオピアの人が、中国人は道路ばかり作りやがって何してるんだかって言っているのを聞いたことがあって、道路のおかげでどれだけ交通や流通が便利になっているのか、感謝していないんだってそんな考えなことにショックでした。
与えられることが当たり前になるとダメだと思います。
子供たちにはぜひ、自分たちで頑張ってこの国をかえていくことを学んで欲しいと思います。

 

 

宿に帰って10時30分頃、このツアーのメイン、エルタアレ火山の火口に向けて出発です。

エチオピア ダナキル ツアー 3日目 車窓からの景色

途中の景色はやっぱり絶景

 

途中でコーヒータイム。

エチオピア ダナキル ツアー 3日目 コーヒータイム

コーヒータイムに立ち寄ったカフェ

この時にいたおじさんがチャットをしていたので少しもらいました。

エチオピア ダナキル ツアー 3日目 チャット

チャット

ただの苦い葉っぱ。
こんな苦いのイッパイ食べれないよ。

でも、この葉っぱ、食べると頭がクリアになる麻薬の軽いようなもので、おじさんが噛んでるのは良く見かけます。

バスの運転手さんも運転しながら噛んでいます。

それって大丈夫なのかしら。クリアになるまではいいけれど、クラクラするんだったら運転中噛んで欲しくない。。

 

おじさんはバイクや車の修理をする人。
この国の経済は良くないよーって言ってました。
今のとこ、自分の国の経済は誇れる、いいよって言ってたのはノルウェーの人だけです。

 

コーヒーも飲み終わったし、火山近くのキャンプサイトまでドライブ開始。
そこまでの道は絶景続きなので、寝ないように昨日たくさん寝ておいて下さいって言われてました。
まぁ、まぁ絶景かな。

アクスムからメケレまでの道の方が絶景だった気がするのは私の気のせい?

でもこんな道を走るドライバーには本当に関心させられます。

ある道は砂煙で視界ゼロだったし、ある道は全てが平らでどこに向かっているのかよくわからない所を走っていたし、ある道はランクルでさえ、ホッピングしてしまうガタガタ道でした。

エチオピア ダナキル ツアー 3日目 車窓からの景色

大昔に噴火した溶岩の跡が残る道

 

エチオピア ダナキル ツアー 3日目

砂漠の平原

 

エチオピア ダナキル ツアー3日目

砂漠の道は前に車がいると砂煙でだんだん視界がゼロになります。

 

エチオピア ダナキルツアー 3日目 ご飯

途中のお昼休憩で食べたランチ

 

エチオピア ダナキルツアー 3日目

お昼ご飯はこんなところで食べました。

 

エチオピア ダナキル ツアー3日目

ベースキャンプに到着

 

ベースキャンプは、石で出来た家が並んでいます。

エチオピア ダナキルツアー 3日目

ドライバーが日陰にくつろぎスペースを作ってくれました。

ボディーガードの人形があったり、本物がいたりと警備は頑丈。

エチオピア ダナキルツアー 3日目

拳銃を持っている警備隊。

 

 

しばらく休憩して夕日を見た後に晩御飯を食べました。

エチオピア ダナキルツアー 3日目

ベースキャンプからの夕日

お昼ご飯とあまり時間が空いていないのでお腹は減っていないけれど、この後3時間の登山が待っているので食べておいたほうがいいです。

火山の火口までの行きは登りは3時間程でした。

 

エチオピア ダナキルツアー 3日目
真っ暗闇の中、ヘッドライトを点けて登ります。

 

真っ暗で周りがみえず、高低差があまり分からなかったのですが、下山の時に明かるくなってから見ると思ったより急でした。
地獄の門に行く時もそうだったけど、暗い方が登っている感覚がなくそんな大変だと思わずに登れるからいいな。

 

休憩を2回挟み、ベースキャンプに到着。
なんとそこから、火口が見えました。

 

エチオピア ダナキルツアー 3日目

遠くからでもわかる火口

真っ赤に光り、煙をあげる火口。みんなの期待が高まります。

火口までは、歩いて20分程。
一か月前に噴火したらしく、その時にできた溶岩の塊を踏んで行きます。
所々もろくなって足で踏むと崩れる場合があるので慎重に歩きます。

そしてやっと火口に到着。

エチオピア ダナキルツアー 3日目

火山の火口

マグマが沸きだっていて、グツグツと地球の鼓動をきいているようで、とても感動しました。

エチオピア ダナキルツアー 3日目

こんなに近くで見ることができます。

 

エチオピア ダナキルツアー 3日目

マグマが吹きあがった瞬間が撮れました。

しかも、あと10歩もすれば火口に落ちるってぐらい近い場所で見れてマグマの熱も感じました。

エチオピア ダナキルツアー 3日目

マグマと一緒に

 

エチオピア ダナキルツアー 3日目

しかも溶岩は今にも溢れそうなぐらい一杯で、マグマがボコッと泡をふく度にこちらに火の粉が飛んできそうでした。
たまに大きな噴出しもあり、本当に大迫力。
いつまで見ていても飽きませんでした。

地球って凄いです。地球って生きてるんだなぁってしみじみ思いました。
1時間程火口にいたと思います。

 

そろそろ帰って寝る時間。

今日も、もちろん青空ベット。星空も最高だし、寝袋はあったか気持ちいいです。

一度仮眠をとり、明日の朝、朝日と火口のコラボを楽しみます。

 

 

スポンサーリンク

Posted by shuku