始まりの大地 太陽の島ハイキングは関所だらけ(296日目ボリビア2日目)

2015/03/05ボリビア

どうも旦那です。

今、ボリビアのラパスにいるんですけど、今までの中南米の首都と違ってラパスの街は治安が良さそうなんですよね。

だいたい現地住民の子孫の方々が多い土地は治安がいいように感じますね。エクアドルのオタバロとか。

顔の造りも日本人にちょっと似ているんですね。

ダウンロード

里見まさと師匠に似ている人は大抵いい人です。顔からして、いい人オーラが出まくりですね。

ダウンロード (1)

あと、羽柴秀吉に似ているタクシー運転手は一見うさんくさいですが、いい人が多いですよ。

 

まぁ、ラパスでも旅行者を狙った詐欺・スリ・首閉め強盗はあるらしいんで気をつけるに越したことはないですね。

 

 

さて、今日はコパカバーナの観光地、太陽の島に向かいます。この島はインカ帝国発祥の地ということで、日本で言う所の天孫降臨の地になりますかね。

島には南北に港があり、ハイキングを楽しむには北の港で降りて南の港を歩くのが一般的です。

コパカバーナから北の港までは1時間半くらい。船はゆっくりなのでよっぽどの悪天候でも無い限り酔うことはないでしょう。

コパカバーナ 太陽の島

 

左が僕たちの乗る船

朝8時半に出航した船は10時頃に北の港に到着。南の港の出航時間は午後3時なので、5時間のハイキングになります。

島の景色はまるで隠岐島の様で、日本で離島とかに行ったことが無い人はその雄大でのんびりとした景色を楽しめるとおもいます。

コパカバーナ 太陽の島

 

島の高い所からの景色

コパカバーナ 太陽の島

こんな感じの道を歩きます

コパカバーナ 太陽の島

島に2カ所ある遺跡はこんな感じ

それと島には家畜がたくさん。それを見るのも楽しみの一つ。

コパカバーナ 太陽の島

 

おデブ犬

コパカバーナ 太陽の島

ロバ

コパカバーナ 太陽の島

ひつじ

コパカバーナ 太陽の島

5匹の子豚 オオカミいないんで家とか作ってなかったですけどね

途中でお弁当休憩とかしながら、のんびり歩いていたら、最後は結構時間がなくてあせったので、GPSで自分の位置を確認しながらペース配分をしっかりするのが吉。

南の港付近の街は宿の建築ラッシュ。そこまで魅力ある遺跡とかがあるわけではないので、供給過多にならないか心配ですが、頑張って頂きましょう。

それとこの島でみんなが疑問に思うであろう関所制度。

歩いていると3カ所くらい関所があって通行料を取られるんですよね。それぞれ10ソル、15ソル、5ソルだったかな。別に通行料は否定しませんが、港で一括で徴収すればいいのに。出入り口それぞれに暇そうなおじさんが2人、計6箇所配置されている訳ですよ。そんな人件費掛ける位なら、もっと楽しい観光地になるような雇用を生み出せばいいのにと思います。

コパカバーナ 太陽の島

 

南の港付近

 

昨日の日記でもshukuが書いていましたが、ここコパカバーナの人は感じ悪いです。市場で果物買おうとしたら、ちょうど入荷の商品がきて整理中かなんか知らないですけど、shukuが値段聞いても普通に無視ですよ。挙げ句の果てに邪魔だからと尻を叩いて追っ払おうとする始末。商店ではパンを2個買ったけど、袋をくれない。2個だから裸で持って行けと、当たり前の顔で言う。こんなこともっと貧しいはずの中米諸国でもなかったですよ。

なんかね、この街のインディヘナの人って嫌いです。えぇ、はっきり言います。コパカバーナの人嫌いです。この人達のせいでボリビアが嫌いになりそうになりましたよ。まぁ、この後ボリビアを周ることで、コパカバーナだけって事が分かりましたが。

こんなに嫌いになった街は、世界一周で初です。早く出たいと思った街も。いや、景色はいいんですよ、とても。多分ね、僕たちが関わった人が、たまたま僕たちと合わなかったんでしょう。こんな事もありますよね。多分昔のインディヘナの人ってみんなこんな感じだったんでしょうかね。排他的っていうか。他のどの街の人も今はフレンドリーでしたが。

愚痴になっちゃいましたね。結局いい印象も悪い印象も人次第。日本に帰ったら旅行者には日本にいい印象を持ってもらえるように接しようと思った日でしたね。

 

 

秀吉さん、元気ですか??知らない方は↓をクリックお願いします。