厳選!!世界一周に持参したPENTAXのレンズ場面別おすすめ6本

※この記事は2016/05/11に書かれ、しばらく更新されていないものです。
現在は状況が変わっている可能性がありますので、最新情報に十分ご注意ください。

世界一周 PENTAX レンズ

世界一周や海外旅行のために一眼レフを買ったはいいけど、どんなレンズを持って行っていいか分からない?

そんなあなたの参考にしてほしい、僕が世界一周に持って行ったPENTAXのレンズをご紹介します。

 

世界一周や海外旅行に持って行く一眼レフのレンズの選び方は、

  1. 撮影したいもの
  2. 重さ・大きさ・機能
  3. 価格

を考えます。

 

写真の画質だけを考えれば、値段が高ければ高いほどレンズの性能はいいです。

しかし、旅行の準備費用や事故・盗難のさいの海外旅行保険の補償額を考えると、予算は抑えなければなりません。

また、旅行の荷物のことも考えると、大きさや重さも重要になってきます。

 

僕は、レンズのことを考えに考え抜いた結果、PENTAXの6本のレンズを選びました。

しかし、我が事ながら写真の撮影が主な目的でない限りレンズ6本は持ちすぎです^^;

旅の途中でその重さとサイズに後悔することになるので、あなたはレンズを厳選してくださいね。

 

 

世界一周に持参した6本のレンズ

僕が世界一周に持って行ったレンズは、以下の6本です。

  • smc PENTAX-DA★16-50mm F2.8ED AL [IF]SDM
  • smc PENTAX-DA 12-24mm F4 ED AL [IF]
  • HD PENTAX-DA 55-300mm F4-5.8 ED WR
  • smc PENTAX-DA FISH-EYE 10-17mm F3.5-4.5 ED[IF]
  • smc PENTAX-DA 21mm F3.2 AL Limited
  • smc PENTAX-FA 43mm F1.9 Limited

 

レンズの構成でいうと、魚眼レンズ、3本のズームで12mm〜300mmまでカバー。

残りの単焦点レンズ2本は軽量で小さいので、街中でのスナップ写真用です。

 

それぞれのレンズの特徴

それでは、それぞれのレンズの特徴とどういう場面を想定して選んだかを写真と共にご紹介します。

smc PENTAX-DA★16-50mm F2.8ED AL [IF]SDM

IMGP7614

一番よく使うスターレンズの標準ズームです。

想定は、街中や遠出する時の一本

スターレンズとは、以下のものです。

 

★(スター)レンズとはその妥協のない光学設計と、厳しい撮影環境に耐えうる堅牢性が確保されている、プロ用途も考慮された高級レンズ群である。そのため、大口径でかつ、妥協のない、性能を最重視した贅沢な光学系が採用されている。

引用:wikipedia ペンタックスの写真レンズ製品一覧

写真の特徴

  • 被写体が浮かび上がるような感じ
  • 広角側は数字以上に広く撮れるけど、歪みが結構大きい

 

機能の特徴

  • ピント合わせが静かで早い
  • 防塵防滴仕様
  • サイズが大きく、重い
  • 大口径レンズなので、人を撮るときに威圧感を与えやすい 

 

活躍した場面

  • 街中に大きな建物がある都市
  • 遠出する時のとりあえずの一本
  • 砂漠や雨の中など過酷な条件での撮影

 

世界一周では主力として活躍しています。撮れる写真もきれいです。

大きくて目立つので、治安の悪いところではあまり使いません。

 

smc PENTAX-DA 12-24mm F4 ED AL [IF]

IMGP1637

広角ズームです。

想定は、とにかく広いところ

 

写真の特徴

  • 色がくっきりと景色ははっきりとしている
  • とても広く写せる反面、余計なものも写りやすい

 

機能の特徴

  • 望遠側が24mmまであるので、これ一本でもいける
  • フードが大きくてかさばる

 

活躍した場面

  • グランドキャニオン、エアーズロックやウユニ塩湖などの壮大な大自然
  • 星空の撮影

 

このレンズで撮れる写真が、個人的に一番好きです。

世界には、広角でしか撮れないほどの大自然がたくさんあります。

反面、街歩きでは、余計なものが写るので使いにくい。

 

HD PENTAX-DA 55-300mm F4-5.8 ED WR

IMGP0654

望遠ズームです。

想定は、動物撮影やお祭り。

 

写真の特徴

  • 望遠側でも十分きれいに写る
  • ボケが自然で被写体が引き立つ

 

機能の特徴

  • 簡易防滴で自然の中での撮影も安心
  • 望遠レンズにしては、とてもコンパクトで軽い
  • ピント合わせが遅くてうるさい
  • レンズが暗いので夜間の撮影はダメ

 

活躍した場面

  • グアテマラの国鳥ケツァールやコスタリカやガラパゴスの動物
  • ペルーのカーニバルでの客席からの撮影

 

動物ものの撮影では、必ず必要になる一本。

ピント合わせが遅いので、マニュアルで追いかけたり待ち伏せたりしながら撮るのが逆に楽しいです。

 

smc PENTAX-DA FISH-EYE 10-17mm F3.5-4.5 ED[IF]

IMGP9380

魚眼レンズ。

想定は、変わった写真や星空。

 

写真の特徴

  • 魚眼レンズで有名なのは、鼻デカ犬の写真。ああいう写真が撮れる
  • もっとも広く写せるレンズなので、星空を撮ると星の数がすごいことになる

機能の特徴

  • レンズ自体はとてもコンパクト
  • レンズフィルターが着けれないので、扱いを慎重にしなければならない
  • これ一本では撮れないものが多いので、あくまでサブ

 

活躍した場面

  • 星空の撮影全般
  • 普通の写真に飽きた時の気分転換

 

星空撮影では、とても広く撮れて感動しました。

たまに魚眼レンズで写真を撮ると、新鮮な気持ちになることができます。

でもトータルで見ると、やはり一番使っていないです。

 

smc PENTAX-DA 21mm F3.2 AL Limited

PENTAX K-01 DA21

広角の単焦点レンズです。

想定は、K-01に装着してのスナップ撮影。

 

写真の特徴

  • 画質はクセがなくて平凡なので、何の撮影にも使える
  • 画角は一番使いやすい

 

機能の特徴

  • レンズがとても小さくて軽い
  • K-01と合わせると見た目はトイカメラのようになる

 

活躍した場面

  • 治安の悪いところでの撮影
  • ちょっとしたお出かけ時のスナップ撮影

 

K-01と組み合わせると、トイカメラのようになるので中南米のような治安の良くない場所での撮影で良く使用しました。

とてもコンパクトなので、ランチをするだけの外出とかに持って行ったりして、出動回数だと一番多いです。

このレンズには新型が発売されています。画質が大きく向上しているそうです。

 

smc PENTAX-FA 43mm F1.9 Limited

IMGP7264

標準の単焦点レンズです。

想定は、人物やアートな写真。

 

写真の特徴

  • 6本のレンズの中で画質は一番
  • 適当に撮っても、とても味のある写真になる

 

機能の特徴

  • レンズは、コンパクトで軽い

 

活躍した場面

  • 人物撮影
  • 気合の入った撮影

 

レンズが小さくて威圧感がないので、人物撮影によく使いました。

また、写りがとても味わい深いので、気合を入れたアートな撮影に使用することが多かったです。

実は、43mmは苦手な画角なのであまり使用していません。

 

その他のPENTAXおすすめレンズ

smc PENTAX-DA 18-270mm F3.5-6.3 ED SDM

画角が18mm〜270mmと、広角から望遠までこれ一本で全てを済ますことができます。

レンズ交換をしなくていいということは、シャッターチャンスが増えます。

そして、荷物を大幅に減らすことができます。

 

画質の方は、もちろん単焦点レンズや大口径ズームレンズには劣りますが、そこまで悪くないようです。

レンズが暗いので、星空の撮影は厳しいでしょう。

防塵防滴ではありません。

 

 

画質に大きなこだわりがなければ、このレンズとK-50、もしくはK-S2で十分だと思います。

むしろ、画質にこだわってレンズ交換している間にシャッターチャンスを逃すことに比べれば、このレンズで何十枚も多く取った方が、当たりの写真が撮れる割合は多いはずです。

世界一周においては、メリットがデメリットを大きく上回るレンズだと思います。

 

smc PENTAX-FA 31mm F1.8 AL Limited

PENTAXユーザーの間では、最終的に行き着くと言われている最強のレンズです。

お値段も最強ですが。

 

31mmというのは、フルサイズで換算すると大体50mmになります。

50mmというのは、多くの有名写真家が使用している画角です。

また、カメラマンの上達方法として単焦点50mmレンズだけを使って取り続けるということもよく言われます。

 

ですので、この一本だけで世界一周する

というのも、僕はかっこいいなと思うし、すごく憧れます。

 

レンズ選びについて思うこと

最後に、レンズ選びについての僕の考えを。

正直なところ、僕はレンズを6本も持って行ったことを激しく後悔しています。

荷物は重いし、かさ張る。

結局、カメラを出すのが面倒くさくなって、撮影をしなかったこともあります。

 

カメラを何十年とやっている方なら、問題ないと思います。

けれども、僕のような一眼レフをいじって3年程度の若造が、多数のレンズを操るなんて100年早かった。

今は、そう感じています。

 

もし、あなたが世界一周や海外旅行に行くから一眼レフを買おうと思っているのならば、どうかレンズは欲張らないでください。

二度と訪れないかもしれない場所だからこそ、画質にこだわるよりも、シャッターチャンスを逃さないことを意識しましょう。

 

あなたが世界一周や海外旅行で素晴らしい写真が撮れますように。

 

 

僕がレンズ選びの参考にした本です。各社のレンズ紹介とどういう場面で使うのかが記載されています。

2011年版と古いので、最新のレンズは載っていませんが^^;

 

僕が世界一周の一眼レフにPENTAXを選んだ理由↓

 

スポンサーリンク

旅をもっとお得に!!キャンペーン情報!![2018年版]

Booking.comで2000円がキャッシュバック!!

世界的な大手宿泊予約サイトBooking.comでは、宿泊後になんと2000円がキャッシュバックされる”友達紹介キャンペーン"をただいま実施中です。

当サイト限定の下記のリンクからBooking.comにアクセスして、4000円以上の宿泊予約(※一回の予約で宿泊日数は問いません)をすると、実際に宿泊した後にBooking.comから2000円キャッシュバックの手続きメールが届きます。詳しい利用規約はこちらをご覧ください。

「旅やねん。」では10人様まで(限度人数に達し次第終了。残り5名様!!)なので、ぜひこのお得な機会をお見逃しなく!!

 

>>Booking.comへ(2000円キャッシュバック付リンク)

 

airbnbに新規登録で3500円の旅行クーポンプレゼント中!!

今話題の民泊予約サイトairbnbでは、ただいま3500円の旅行クーポンがプレゼントされる"お友達紹介プログラム"を実施中!!

当サイト限定の下記のリンクからairbnbのサイトにアクセスして新規登録をすると、3500円分のクーポンが発行されます。

有効期限は1年間なので、とりあえず新規登録を済ませてゆっくりと旅行の計画を立てることが可能です。ぜひ、このお得な機会に登録をすることをおすすめします。

 

>>airbnbへ(3500円クーポン付リンク)

世界一周ランキングに参加中!!

「旅やねん。」「にほんブログ村旅行・世界一周ブログランキング」に参加中!!

下記バナーをクリックして頂くと、当サイトのランキングが上がります。
(※一日1クリックのみ有効※要ページの読込完了)

ランキングが上がると、僕達の世界一周記事更新のモチベーションUPにも繋がります。

2018年7月現在63位→45位 目指せTOP10!!

↓応援のクリックよろしくお願いします↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

☆新しいタブで開く時は長押し・右クリックで☆

 

ありがとうございました♪♪

この記事が気に入ったら
いいね!で最新情報をお届け
υ´• ﻌ •`υ

 

カメラ

Posted by taxi