カーニャクマリ観光!!街ブラとサンセット鑑賞

 

インド カーニャクマリ

どんだけ飛び出すねん

 

どうも旦那です。

 

インドカーニャクマリに滞在中。

 

謎の病気と食中毒で、2日ほど寝込んだ僕達。
なんとか体調も回復してきたので、今日はカーニャクマリを観光しようと思います。

 

2日間、ろくなものを食べていなかったので、まずはしっかりした食事を。

 

インドの州の一つであるパンジャブ料理のレストラン。
パンジャブターリーとマッシュルームのクリーム煮。

 

インド パンジャブターリー

パンジャブターリーは、特に特徴のないというか深みがなく辛いだけ、塩っぱいだけという感じで南インド料理のほうが美味しいなぁ。

 

インド マッシュルーム クリーム煮
マッシュルームのクリーム煮は安定のおいしさ。

 

 

インド カーニャクマリ

栄養補給も完了したところで、まずは海辺へ。

 

インド カーニャクマリ

聖地の方ではなく、裏の路地を通って海辺に出ると、海に突き出た波止場の道があったので、のんびり散歩してまったり。

 

インド カーニャクマリ ヴィヴェーカーナンダ岩

 

左の建物が「ヴィヴェーカーナンダ岩」と記念堂。

 

インド カーニャクマリ ティルヴァッルヴァル像

中央の絶賛工事中の像が「ティルヴァッルヴァル像」、古代の詩人だそうです。

組み立てられた足場がすごくて、これはこれで良いですね^^;

船で渡ることができるのですが、今回は止めておきました。

 

 

インド カーニャクマリ ガート

ガート(沐浴場)。
この場所が、アラビア海・インド洋・ベンガル湾の3つが交わる海として有名です。
…が、太平洋と大西洋とインド洋なら分かるんですけど、その3つなんか物足りなくないですか??笑
3つのうちの一つが湾って^^;

 

インド カーニャクマリ 海水浴

今日は天気が良かったので、沐浴という名の海水浴を楽しんでいるインド人もたくさんいました。

 

インド カーニャクマリ 土産物屋

ガートの周りの土産物店は、完全にインド人向けでしつこい勧誘などもなくて良かったです。

 

 

インド カーニャクマリ 駅

カーニャクマリ駅の方にも足を伸ばしてみました。

 

インド カーニャクマリ 蝋人形館

駅前には蝋人形館
インドの蝋人形館って、誰の人形があるのか非常に興味があったのですが、入場料が意外と高くて断念。

 

インド カーニャクマリ B級

B級感漂うアミューズメントパークの看板や、

 

インド カーニャクマリ ポスト

ドラム缶風のポストなどがありました。

まぁ、カーニャクマリぶっちゃけ見どころ少ないです^^;

 

 

そろそろ夕日が沈みそうなのでサンセットポイントへ。
サンセットポイントへは、街から2km程度離れた場所にあります。
オートリクシャもありますが、徒歩でも大丈夫です。

 

インド カーニャクマリ サンセット

途中には、貝殻などを売る海辺らしい露天。

こういうお店でよくヒトデの干したものを売っていますが、あれどう使うんだろ??インテリアとしてはちょっと不気味な気が…。

 

インド カーニャクマリ サンセット 宝石売り

そしてポイントには、宝石を今採ってきました感のあるおっちゃんたちが、ザルに宝石を入れて売りまわっていました。
この辺りの海って宝石が採れるんですかね^^;

 

インド カーニャクマリ サンセット

そしてサンセット…は、やはり雲の中。。。

インド南部は雨季に入ったようですから、仕方がないですね。

でも、たくさんの観光客で賑わっていました。

 

 

帰りに珍しい物を発見!!

 

インド 地面 絵
ザルに模様の穴が空いていて、ライスパウダーを使って家の玄関前に絵を描く道具だそうです。
値段は30ルピーから
これ、ケーキ作りとかに使えるかもということで、Shukuは2つお買上げ。

 

 

インド カーニャクマリ ローカル食堂

今日の晩御飯は、ローカル食堂で。

 

インド 料理 イドリー

これはイドリーと呼ばれる蒸しパンで南インドでは一般的に食べられています。
少し酸味があって好き嫌いが分かれそうですが、エチオピアのインジェラが好きだった僕にはむしろ好物でした。

 

 

明日は、カーニャクマリからケーララ州トリヴァンドラムに向かいます。

 

 

「にほんブログ村世界一周ランキング」参加中!!応援クリックよろしくお願いします♪

>>世界一周ブログランキングへ

スポンサーリンク

Posted by taxi