プンツォリン観光!!インドからちょっとだけブータンへ入国!?

 

ブータン 野良犬

ブータンに野良牛はいませんが野良犬はいます

 

どうも旦那です。

 

インド「Dhupguri」に滞在中。
昨日は、ネパールとインドの国境からインドとブータンの国境であるジャイガオンを目指しましたが途中で時間切れ。
今朝は早起きしてリベンジです。

 

 

Dhupguriからジャイガオンへの道のり

インド バス

まずは「Dhupguri」から「Birpara」へ。
料金は一人20ルピー

 

運転手にジャイガオンへ行きたいと伝えていたので、バスターミナルのジャイガオン行きのバスに案内してくれました。

「Birpara」からジャイガオンは一人30ルピー

合計所要時間は、1時間半位でした。

ジャイガオンのバスターミナルに到着。
ジャイガオンのバスターミナルは街の外れにあります。
宿の情報などがなかったので、とりあえず歩いて街の中心地を目指しながら宿を探すことに。

 

…が、結局ブータン国境手前の辺りまで行かないと宿がなかったので、オートリクシャで向かった方が楽だと思います。

 

ジャイガオンのホテル「HOTEL DEVI」

 

ジャイガオンの宿は、「HOTEL DEVI」

ダブルルーム一室700ルピーを600ルピーにディスカウントしてもらえました。
隣に700ルピーで同じようなレベルの宿があるので競争しているのかも知れませんね。

 

ダブルベット、ホットシャワー・トイレ付き、ファンルーム、wifi有りでした。
ホテル併設のレストランのブータン料理が安くて美味しかったのでオススメ。

 

HOTEL DEVIの地図(google map)

 

ちょっとドキドキしながらブータンへ入国!!

インド ジャイガオン ブータン プンツォリン 国境インドとブータンの車両用の国境

 

現在、鎖国状態であるブータンに日本人が観光で入国するには、一日あたり一人250ドルの公定料金(ホテルや食事代込み)とガイドを付けなければならないという決まりがあります。
当然、節約旅行をしている僕達にはブータン観光は無理。

 

ですが、ここインドのジャイガオンと接するブータンの「プンツォリン」の国境は、国境自体には入国検査がありません(プンツォリンから他の街に向かう道路上に入国検査がある)
もちろん国境ゲートには警備員がいて、外国人が不法入国しないかを見張っているのですが、日本人は非常にブータン人に似ているのでチェックを受けることはほぼ無いそうです。

 

昔はジャイガオンとプンツォリンは全ての人が自由に行き来できる開かれた国境だったようですが、現在はグレーゾーン。
また、朝夕は警備員ではなく職員がチェックをしていて厳しいという情報もあります。
なので、

ジャイガオンからブータンビザなしでのプンツォリン観光は自己責任

でお願いします。

 

入国チェックがプンツォリン郊外にあるのを知らずに、ヒッチハイクで隣の町を目指した方が入国管理職員に捕まり多額の罰金を払わされている他の方のブログを読みましたので。。。

 

ホテルで観光客っぽくない服に着替え(短パンではなく長ズボン、帽子は被らない)、ドキドキしながら入国ゲートへ。
まぁ、ジャイガオン側にいたブータン人のおばちゃんたちが日本のおばちゃんとまったく一緒だったので、これは大丈夫だという確信はあったのですが^^;
警備員と目を合わせず、前を歩いていたブータン人と歩調を合わせて入国ゲートを通ります。

 

…あっさり入国できました。

 

インドとブータンとの国境ギャップがすごい!!

世界にはギャップのある国境がたくさんあります。
入国管理官がワン・ツー・スリーの英語を理解出来ない英語圏のアメリカスペイン語圏のメキシコの国境。
未舗装の砂利道をオンボロバスでやってきて国境を超えたら、全て舗装されてベンツのバスがやってきた南米で一番貧しい国ボリビア(現在はパラグアイ??)と南米の優等生チリの国境など。

 

そして、このインド・ブータンの国境もギャップのある国境として僕的認定。

 

ブータン プンツォリン

ブータン!!

 

インド ジャイガオン

インド…

 

ブータン プンツォリン

ブータン!!

 

インド ジャイガオン

インド…

 

ブータン プンツォリン

ブータン!!

 

インド ジャイガオン

インド…

 

とにかく、街がキレイ。
まぁ、インドが汚すぎるとも取れますが…^^;

 

道路は綺麗に整備されているし、ゴミひとつ落ちていません。
もちろん牛は歩いていないし、だから牛の糞もありません。

 

人々の運転マナーも非常に良く、横断歩道で歩行者を見つけると停まってくれます
インドではBGM化されているクラクションもまったく聞こえません。

 

インドでは外を歩く際は常に車やバイクを気にしながら、さらに道路の穴や牛の糞を避けるために下にも注意をしつつ、更にしつこいリクシャのおっさんやフレンドリー過ぎるインド人の相手をするという聖徳太子でも結構手こずるのではないかという日常を送ってきました。

 

ブータン プンツォリン 映画館

ブータン映画は全員民族衣装

 

でも、ブータンはストレスフリー。
久しぶりにのんびりと街歩きを楽しむことが出来ました。

 

ちなみにブータンの通貨はニュルタムですが、ジャイガオンとプンツォリンではインドルピーとニュルタムが等価で同じように使えます。
ただし、プンツォリン側でインドルピーを支払っても、ほとんどのお釣りはブータンの紙幣になり、ジャイガオンから出るとニュルタムはほぼ使えなくなるので注意。
僕は記念にブータンの国王が印刷されているブータンの紙幣を一枚お土産にゲットしました。

 

プンツォリンのおすすめブータン料理レストラン

ブータン プンツォリン

ブータンで非常に楽しみにしていたのがブータン料理。
インドのマクロードガンジにはブータン料理を出すお店がありましたが高すぎて断念。

ネットの情報で、ランチライムにビュッフェ形式でブータン料理を食べることができるレストランがあるということで向かいました。

 

「Trashi Peljor Restaurant」
Lhaki Hotelの向かいに何軒かのレストランがあるのですが、ホテル入り口を背にして一番左側の店です。

料金は一人150ニュルタム(orインドルピー)で後払い制。

 

ブータン プンツォリン Trashi Peljor Restaurant

 

料理は5~6品と少ないですが、ブータンのスタンダードな料理が並んでいるので十分満足できます。
冷たい水と、ちょっと発酵したヨーグルトドリンクが飲み放題なのも嬉しい。

 

ブータン プンツォリン Trashi Peljor Restaurant

ブータン料理は辛いと聞いていました。
特にご飯の真ん中に写っているのはエマ・ダツェという料理で、具はなんと唐辛子オンリー!!
でも、実際はチーズと共に煮込んでいるので、韓国料理や四川料理の様な激しい辛さではなくマイルドな辛さで美味しかったです。

 

あとは豚肉を使った料理もありました。
インドでは豚肉をまったく食べないし、ネパールでもあまり見掛けなかったので、思わず大量に食べて後で脂で気持ち悪くなりました(笑。

 

こちらのレストランには、メニューが変わっていることを期待して次の日も行きました。
定番のエマ・ダツェなど3品くらいは変わらず、後は肉の種類が変わっていたので連日通っても美味しく楽しめるはず。
プンツォリンに行ったら、この「Trashi Peljor Restaurant」おすすめです。

 

Lhaki Hotelの場所(googlemap)

 

プンツォリンをのんびりと街ブラ

ブータン プンツォリン
プンツォリンをブラブラ。
あんまり写真撮りまくっていると外国人バレバレですので、あまり写真はありませんが。

 

ブータン プンツォリン

ブータンは建物の装飾がインドとは全然違う

 

ブータン プンツォリン カフェ

全てがインドより小奇麗(笑)

 

ブータン プンツォリン

ちゃんと冷蔵しているケーキ

 

ブータン プンツォリン

世界で大人気の日本生まれの猫科の方たち

 

ブータン プンツォリン

民族衣装を売っているお店

 

ブータン プンツォリン 民族衣装

ブータンの民族衣装がカッコ良すぎる件

 

ブータン プンツォリン スーパー

スーパーでは主に中国製品をインド人が買いに来るそうです

 

ブータン プンツォリン

街の中心地にある寺院

 

ブータン プンツォリン

とりあえず拝んでおきました

 

インドに戻ります。
ちなみに入国ゲートと出国ゲートは別の場所にあるので注意して下さいね。

 

インドに入った途端、汚さ、そして臭さ(笑。

 

そしてインドという国は本当に不思議なもので、道路を歩いていて、相変わらずクラクションがうるさいなぁと思って車を見ると、なんとブータンのナンバーの車だったんですね。
インドという土地は、あんなに穏やかなブータン人でさえもクラクションを連発するようになる魔力を秘めているようです。

 

インド人が作ったブータン料理も美味しかった

ブータン エマ・ダツェ
夜ご飯は、ジャイガオンのホテル「DEVI HOTEL」併設のレストランで。

誰もお客がいなくて心配していましたが、ここのブータン料理が美味しかったのです。
おそらくインド人が作っているので、プンツォリンで食べたものとは少し違い、エマ・ダツェは唐辛子のクリームシチューみたいになっていました。
が、それがめっちゃ美味しかった。

 

なかなかやるなインド人ってことで、ここでブータン料理を食べるのもオススメです。

 

明日は、もう一度プンツォリンに行ってから、ゾウに乗ってインドサイを見るサファリツアーのあるカジランガ国立公園を目指します。

 

スポンサーリンク

旅をもっとお得に!!キャンペーン情報!![2018年版]

Booking.comで2000円がキャッシュバック!!

世界的な大手宿泊予約サイトBooking.comでは、宿泊後になんと2000円がキャッシュバックされる”友達紹介キャンペーン"をただいま実施中です。

当サイト限定の下記のリンクからBooking.comにアクセスして、4000円以上の宿泊予約(※一回の予約で宿泊日数は問いません)をすると、実際に宿泊した後にBooking.comから2000円キャッシュバックの手続きメールが届きます。詳しい利用規約はこちらをご覧ください。

「旅やねん。」では10人様まで(限度人数に達し次第終了。残り5名様!!)なので、ぜひこのお得な機会をお見逃しなく!!

 

>>Booking.comへ(2000円キャッシュバック付リンク)

 

airbnbに新規登録で3500円の旅行クーポンプレゼント中!!

今話題の民泊予約サイトairbnbでは、ただいま3500円の旅行クーポンがプレゼントされる"お友達紹介プログラム"を実施中!!

当サイト限定の下記のリンクからairbnbのサイトにアクセスして新規登録をすると、3500円分のクーポンが発行されます。

有効期限は1年間なので、とりあえず新規登録を済ませてゆっくりと旅行の計画を立てることが可能です。ぜひ、このお得な機会に登録をすることをおすすめします。

 

>>airbnbへ(3500円クーポン付リンク)

世界一周ランキングに参加中!!

「旅やねん。」「にほんブログ村旅行・世界一周ブログランキング」に参加中!!

下記バナーをクリックして頂くと、当サイトのランキングが上がります。
(※一日1クリックのみ有効※要ページの読込完了)

ランキングが上がると、僕達の世界一周記事更新のモチベーションUPにも繋がります。

2018年6月現在63位→63位 目指せTOP10!!

↓応援のクリックよろしくお願いします↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

☆新しいタブで開く時は長押し・右クリックで☆

 

ありがとうございました♪♪

この記事が気に入ったら
いいね!で最新情報をお届け
υ´• ﻌ •`υ