世界一周136日目☆アメリカ1日目ナイアガラの滝

2014/09/25

国境は橋の上。入国!!ってなんだかあんまり実感ないけど。。

アメリカ ナイアガラ アメリカ入る時は、アメリカからでる航空券を持ってないとスムーズにいかないと聞いていたので、出国の航空券を持っていた私達でしたが、いつまでいるのか?しか聞かれずスムーズに入国できました。この航空券はキャンセル料のかからない券なので、後でキャンセルします。アメリカからは陸路でメキシコ入国の予定。

入国審査も無事に終わって、アメリカ側からの滝。

アメリカ側に渡ったら、荷物を預けて船に乗ってナイアガラの滝に近づいたり、滝壺の近くに行けるアトラクションに参加予定がカナダ側に長居しすぎてしまった為、アトラクション終了時間になってしまい、できず。
歩ける範囲でナイアガラの滝見学。

アメリカ側からは、滝全体を見るっていうより滝の上から見る感じ。

アメリカ ナイアガラ アメリカ ナイアガラ
やから写真うつりはあんまりだけど、近くで見るから迫力を感じることができます。。
1つ目の滝から、橋を渡って2つ目の滝へ。
荷物が重くてくじけそうになりながらも見てよかったなーって思える迫力。

アメリカ ナイアガラ アメリカ ナイアガラ
日本でこんなに水量のある滝みたことない!

アメリカ ナイアガラ アメリカ ナイアガラ
実は私、もっと高い所から落ちてる滝かと思いきや、意外と低い場所から落ちてる滝でしたが、メッチャ広い

範囲&水量の多さにすごいとなり、虹とのコラボに綺麗ってなった滝でした。

ニューヨークまでのバス『グレイハウンド』がでてるバスステイションにはローカルバスで。

そのバス停がメッチャわかりにくい!!人にききまくって、発見したけど、バス停やでーってわかる標記は何もなく、ただグレイのベンチが置かれているのみ。

アメリカ ナイアガラ
時刻表もないし。何時にバスでるかわからんし。きいた情報によると最終バス7時やったけど、結局バスきたの7時40分頃。
同じくバスを待つ旅人達と共に不安になりながら待つ時間。
インドからきた留学生と少し話しました。
バッファローの大学に1年半年通うのだそう。専攻はパソコン系。それにしても英語ペラペラ。
バスセンターにつき、夜中1時出発の『グレイハウンド』バスでニューヨークへ。

で、バスに乗る前にひと騒動。
乗り場がコロコロかわるが、従業員がみんな違う乗り場を言うから乗る為に並んでた周りは混乱。
夜中の眠い中、移動させられてイライラ、(ワシントンDC行きとワシントン行きはバスが違うらしくややこしい。)そして出発時間になっても出発しないバスにとうとう先頭に並んでた男の人がきれて、騒いでいる。
私達はそんな怒鳴ってもしょうがないやんって思う日本人。
怒鳴られてるのは運転手さん完全にとばっちりやん。かわいそう。
でもその人も次のバスの乗り継ぎに間に合わないとかイロイロあるんだろうなー。ここでは、乗り継ぎ間に合わなくても何の保障もなく次のバスに普通にほっていかれるそうです。

怒鳴られたバスの運転手は出発のアナウンスも興奮した様子で、急いで休憩なしで行くから大丈夫間に合いますと焦ってる様子。
クラクションならして出発するし、なんか事故りそうな嫌な雰囲気。

アメリカ ナイアガラ グレイハウンドのバス。この写真は、ここのバスターミナルで撮ったものじゃなくて、ナイアガラの滝ついてカナダ側のナイアガラのバス停から撮ったの。グレイハウンド(犬)がマスコットキャラクター。

バスの事故ってこうやっておきるんやわ。寝られへんやんって思いつつも一瞬で眠りにつく。

バスの運転手の異常な興奮状態を収めたのは、同じ国の男の人だったらしい。
英語ではない言葉で話しかける男の人。ナイスジョブ!!
同じ国ってだけで安心するものがあるのは、どの人も同じようです。

スポンサーリンク

2014/09/25

Posted by taxi