【世界一周動物写真展】クラウドファンディングに挑戦します!!

2018/09/13世界一周動物の写真展

 

※2018/10/30 追記

写真展のクラウドファンディングの募集は2018年10月29日をもちまして終了しました。おかげさまで目標金額を上回るご支援をいただきました。たくさんのご支援と応援、本当にありがとうございました!!

写真展の開催日時・場所についてはあらためてご連絡しますのでお楽しみに♪

 

 

「人と動物の本当の意味での共生とは?世界112ヶ国犬猫の写真展を開催したい!」

 

Shukuです。

 

ずっと夢だった世界一周に出発したのは2014年の5月。

そして、2018年9月11日に香港から関空に帰る便を取りました(現在台風の被害でいつ帰れるかわからない状況になりました)。

 

もうすぐ私たちの長かった旅は終わりを告げようとしています。

途中で2回一時帰国したので、旅をしたのは実質3年と7カ月。

訪れた国は107カ国。

 

写真展 写真 人とのふれあいエチオピア (2)

 

日本で仕事をしていた時は前に進むことが精一杯で後ろを振り返ったり、ゆっくり考える時間がなかったけれど、世界一周の旅の中で色々なことを考える時間がたくさんできました。

 

日本を離れていた間に、祖母が、最愛の愛犬のはなが、大好きだった訪問やしつけ教室に通ってくれていたわんこが、親友が亡くなり、命について、そして私が生きている間に出来ることについて考えました。

15年前、不幸な犬と飼い主さんがいなくなることを目標に立ち上げた犬のトレーニングとイベントの会社。

 

写真展 写真 はな 誕生日

 

立ち上げたきっかけは、臆病だった私の愛犬はながトレーニングをすることで変わっていったこと。

 

そしてもう一つは、近所に飼われていたゴールデンレトリバーのこと。

そのゴールデンレトリバーは小さい時は家の中で飼ってもらい、毎日家族に可愛がられ幸せそうでした。

 

それから1年程、子犬の時期が過ぎた頃からその子はガレージに繋がれ外飼いになり、散歩にも連れて行ってもらえず、家族からかまってもらっている姿も見掛けなくなりました。

おしっこもうんちもガレージに散乱していました。

表情も日に日に暗くなっていき、子犬の頃の活き活きとした目は悲しそうな目に変わっていました。

 

そのゴールデンレトリバーが、保健所に連れていかれることはありませんでしたが、ご飯とお水をもらってガレージでただ生かされている姿は決して幸せには見えませんでした。

 

そんな悲しい現実を胸に、犬と人との生活の質の充実、人も動物も幸せに生きることが一番大切だという思いで15年間活動してきました。

しかし、世界一周の旅を続けながらの活動に限界を感じ、その会社は2016年に解散しました。

 

でも、私の想いは今も変わらず

 

「不幸な動物がこの世の中からいなくなること」

 

です。

 

 

「その為に、自分はどうしたら良いのか?」と考えた結果、

動物のことを考えてもらうきっかけになるような「世界一周動物の写真展」を開催しよう!!

と、この旅の終わりが見えてきた2018年の5月に思い立ちました。

 

 

実は、今回写真展を共同開催することになったとうのさんとは面識がありませんでした。

しかし、とうのさんは自身の世界一周の様子を私達と同じ様にブログに書かれていました。

 

とうのさんのブログ

「Animal traveler-犬と猫を探して世界を歩いてみる-」

 

とうのさんが獣医師であったこともあり、そのブログを興味深く読んでいた私。

 

(一緒に写真展をやるならこの人だ。)

 

と直感で思い、そしてもしもとおのさんに断られたら写真展自体を諦めようと決めました。

すぐに「写真展を一緒にやりましょう!!」ととおのさんに連絡。

 

そして届いた返信が、

 

「ぜひ一緒に写真展をやりましょー!!」

 

でした。

 

(これはもう、やるしかない!!)

 

ということで、一時帰国した6月に唐野さんと初めてお会いし、そこからこの写真展のプロジェクトが動き出しました。

 

 

写真展 写真 インドノングリアット (4)

 

一時帰国中の約1ヶ月間に、出来るだけ写真展の準備を進め、その後お互い日本を再出国しました。

その後は、お互いに外国からネット上でやり取り。

そのような形で水面下で進めてきた写真展のプロジェクトの一部が、先日ようやく公開されることになりました!!

 

 

動物 写真展 ロゴ

 

たくさんの皆さんに写真展に来て欲しいという想いと、来てくださったみなさんに動物のことを考えてもらえるよう素晴らしい内容にしたいという想いから、クラウドファウンティングに挑戦します!!

 

私達が世界で見てきた、人と動物が何らかの形で共に生きている姿をぜひ皆さんにも知ってほしい。

私と唐野さんの思いの詰まった文章です。

ぜひ読んで頂きたいです。

 

そして、もし応援したいと思ってくださったら、プロジェクトのフォロー&シェアをお願い致します。

もちろん登録も無料ですし、FacebookでもOKです。

出来るだけたくさんの人に知って欲しいから、周りの人達にも伝えて頂けたら嬉しいです。

 

私達の経験をより多くの人と共有し、今後の世界に活かしていけたらうれしいです。

この写真展は、その第一歩。

 

どうぞ応援をよろしくお願い致します!!

 

「人と動物の本当の意味での共生とは?世界112ヶ国犬猫の写真展を開催したい!」